誠影は語る。

主にV系(ヴィジュアル系)メタルバンドについて語ります。

the GazettE「BEAUTIFUL DEFORMITY」レビュー。

 

 「今作について」

まず、個人的に抱いた感想としては、ハードな曲でも電子音が効いたものから、バンドサウンドによるストレートなアレンジのもの。

 

バラードも、綺麗で切ない曲から暗く、冷たい空気感が蔓延る曲まで

 

と、収録曲がバラエティーに富んでおり、かつ全体的にバランスが良い印象。

 

それ故、the GazettE初心者にもおすすめできるんじゃないかな~、と思ってます。

 

「おすすめ曲紹介」

1.MALFORMED BOX

インストです!!

電子音をメインに用いたサウンドが特徴。

 

2.INSIDE BEAST

マーチング×EDM的電子音→ハードなバンドサウンドが流れ込む幕開け

 

・リズミカルでノリの良いサビ

・Cメロ(1サビ後の歌パート)のベーススラップ

が聴きどころです!!

 

3.UNTIL IT BURN OUT

クールなサウンドが特徴のナンバー。

 

・疾走感溢れるシャウトパートであるBメロ

・キャッチーなサビ

 

が聴きどころです!!

 

また、最後のサビに繋がるCメロも良き!!

 

4.DEVOURLING ONE ANOTHER

ちょっとずっしり&ゆっくりなナンバー。

しかしスタイリッシュさもある。

 

5.FADELESS

女性コーラスが絡む、オシャレなハードロックナンバー。

 

キャッチーなサビはもちろん、伸びやかなフレーズを奏でるギターソロ

が聴きどころ!!

 

6.REDO

ピアノを用いた、優しさ感じるアレンジのサビから始まるバラードナンバー。

 

派手さはないけれど、この軽いサウンドが聴きやすくて良いのです。

 

7.LAST HEAVEN

アコースティックギターをメインに用いた、落ち着きのあるバラードナンバー。

 

8.LOSS

どこか霧がかかったような雰囲気を持つイントロで幕開け。

 

「静かめなAメロ→ハードなBメロ→女性コーラスが登場する静寂パート→サビに向けて盛り上がるパート→テンションマックスで疾走するキャッチーなサビ~」という怒涛の展開が魅力!!

 

アルバムの中で1番好きな曲です。

 

9.THE STUPID TINY INSECT

ゴリゴリのリフ、略して「ゴリゴリフ」が特徴のハードなナンバー。

 

ライブノリが良さそうな濁声メインのサビも聴いていて楽しい。

 

10.IN BLOSSOM

ドラムのフレーズからスクリームで疾走する、暴れん坊将軍もびっくりするくらいアッパーなオープニング。

 

展開も多い。

 

サビでは美声で美メロが歌い上げられる!!

さらに女性コーラスも登場し、儚さが増す!!

 

「ああ、最高だ・・・・・・(天に召される)。」

 

11.鴉

テクニカルなベースのスラップのフレーズで幕を開けます。

そして他のパートでもバッキバキのが登場!!

 

12.黒く澄んだ空と残骸と片翅

叩きつけるようなハードなリフで幕を開ける、激しいサウンドでガツガツ進むナンバー。

 

ゴリゴリかつスタイリッシュなサウンド、そしてクールでキャッチーなサビ

が魅力!!

 

13.TO DAZZLING DARKNESS

歌の入った曲としては最後のナンバー。

 

・全体を支配する暗く、重い空気感

・派手ではないものの、女性コーラスが登場する冷たい空気を感じさせるサビ

が魅力!!

 

特に後者が僕の琴線に触れるんですわ。

この胸が締め付けられるような、儚いサビが本当に素晴らしい・・・・・・(べた褒め)。

 

14.CODA

アコ-スティックギターをメインに、どこか空虚な雰囲気を醸し出す。

13.をエンディングテーマだとすると、映画でいうエンドロール的な?

 

「終わりに」

先述の通り、彼らのアルバムの中でもバラエティーに富んだ収録曲であり、尚且つそれぞれの曲自体聴きやすい。

 

シャウトに抵抗がないのであれば、the GazettE初心者に特におすすめできるアルバムではないでしょうか。

 

それでは、今回は以上!!

あざした!!

 

 

今回紹介した音源↓

 

 

the GazettEに関する過去記事↓

seiei-reviewblog.hatenablog.com

 

この記事を書いた人のTwitterとか音楽とか↓

lit.link