誠影は語る。

主にV系(ヴィジュアル系)メタルバンドについて語ります。

lynch.「I BELIEVE IN ME」レビュー。

 

「今作について」

lynch.のフルアルバム。

 

・疾走感溢れる曲が多い

・他のアルバムに比べ、重さが削られたスタイリッシュなサウンド

・他のアルバムに比べてキャッチー寄りなメロディー

 

が特徴!!

 

それ故、重さより速さを求める人におすすめです!!

 

 

「収録曲レビュー」

・INTRODUCTION

ピアノで紡がれるインスト。

裏でなっている「ほわ〜ん」とした音により、まるで真っ暗闇の中にいるような感覚に陥ります。

 

・UNTIL I DIE

INTRODUCTIONから繋がる形で幕を開けるナンバー。

畳み掛けるスネアロール。

それに乗るバンドサウンド

そしてシャウトでメロディーを弾くパートへ。

オープニングのインパクトは充分すぎるくらいです。

サビは派手ではないものの、どこかキャッチー。

個人的にはCメロも聴きどころとして推します。

 

I BELIEVE IN ME 

初っ端爆走するナンバー。

疾走感を保ったままシャウトの掛け合いが聴けるサビが熱い!!

また、恐らくBメロにあたるであろうパートがメロディアスで良きです。

 

・JUDGEMENT

確かシングル曲。

激しさとlynch.なりのキャッチーさが両立したナンバー。

ボーカルの伸びやかなシャウトで幕開け。

その勢いのままAメロへ突入します!!

そしてサビはメロディアス。

ギターソロもカッコいいです!!

 

・LIE

ディレイの効いたギターが印象的な歌ものナンバー。

Aメロからサビへ、さらっと入っていきます。

そしてところどころ韻を踏んでいるのが面白い。

さらに途中、シャウトが登場!!

ただの聴かせる曲にしないのが技ですねえ。

また、ギターソロでもディレイのかかったサウンドが聴けます!!

 

・-273.15℃

うねるベースとギターからヘヴィーなリフが聴けるパートへ。

Aメロではそのフレーズの上にボーカルの呟き声がのる。

後半のグロウルとシャウトの掛け合いが聴けるパートが1番の聴きどころ!!

 

・THIS COMA

バラードナンバー。

儚さを感じるアレンジが印象的。

 

・SCARLET

シャウトで幕を開ける疾走感あるナンバー。

サビでキャッチーなメロを歌うコーラスと、シャウトするメインボーカルという、ツインボーカルメタルコアバンドのような掛け合いが聴けます!!

 

・ALL THIS I'LL GIVE YOU

ディレイのかかったギターが鳴る煌びやかなイントロから爆走&シャウトパートであるAメロへ!!

間奏のコーラスによって構成されるダークな雰囲気がとても良いです。

そしてサビではメロディアスに。

さらとその後のロングシャウト!!

たまらないぜ!!

最後の大サビでは、ディレイのかかったギターのフレーズをバックに、ボーカルがメロディーを歌い上げる!!

最初から最後まで、聴きどころに溢れたキラーチューンです!!

 

・TIAMAT

アルバム中最も激しいナンバー。

初っ端から爆走、そしてシャウトのオンパレード!!

さらに後半、シャウトで口火を切られるブレイクダウンパートも登場!!

ただ激しいだけでなく、テンポに緩急をつけ、飽きることがない構成になってるのが良きです!!

 

・BEFORE YOU KNOW IT

バラード曲。

ストリングス による壮大さを感じられるアレンジが魅力的。

また、途中のアコースティックギターによるソロが冷たい空気感のあるサウンドとマッチして、それはそれはとても良い味を出してます!!

 

・A GLEAM IN EYE

シングル曲。

シングル.verにはない、Cメロの後に入る叙情的パートが美しい。

そしてそこからがっつりハードなバンドサウンド、シャウトが加わり、どんどん盛り上がっていく展開。

ぶっちゃけサビよりテンション上がry・・・・・・。

 

 

「終わりに」

今回はlynch.のフルアルバム「I BELIEVE IN ME」を紹介させていただきました。

他のアルバムに比べ、疾走感が多いかつキャッチーな曲が多い印象。

 

しかしその中にもダークな曲やバラード曲があるという、彼らの器用さが出ているとも感じましたね〜。

 

それでは、今回は以上!!

あざした!!

 

 

今回紹介した音源↓

 

 

lynch.に関する過去記事↓

www.seieireviewblog.info

 

www.seieireviewblog.info

 

www.seieireviewblog.info

 

このブログを書いてる人のTwitter

twitter.com