誠影は語る。

主にV系(ヴィジュアル系)メタルバンドについて語ります。

gulu gulu「首輪教育のすすめ」のすすめ。

「今回紹介する音源について」

破竹の勢いでTSUTAYA O-WESTまで駆け上がったV系バンド「gulu gulu」。

今回紹介するのは、彼らの2ndシングル「首輪教育のすすめ」になります。

 

タイトルトラックは新曲、カップリングは始動前のセッション形態時代から存在する「左手はスナッフフィルム」を音源化。

ライブで聴くのと音源で聴くのではそれぞれ異なる良さがあって面白いですね。

 

ただ個人的には「鈴蘭」を早く音源化してほしい・・・・・・笑

 

「収録曲レビュー」

・首輪教育のすすめ

本作のタイトルトラック。

貼っているのはサブスク.verですが、ここでは音源版について。

 

サビのメロディーを奏でるオルゴールから始まります。

オルゴールのパートが終わるとど頭シャウト&バンドサウンドで疾走するイントロへ。

 

Aメロはテンション控えめ。

ギターはブリッジミュートでパワーコードを刻む。

途中、ギターはメロディーを、ドラムは裏打ちで進行しますが、落ち着いたテンションは保ったまま。

Bメロから少しテンションが上がってきます。

ハードなリフをバックに韻を踏む歌詞が乗る。

 

そしてサビではポップで聴きやすいメロディーが登場。

ここでも韻を踏んでいる箇所があり、メロディーの良さも相まって耳に残りますね。

 

あと個人的にMVの影のある感じが結構好きなので、お時間と通信量に余裕がある方は是非ご覧ください!!

 

youtu.be

 

・左手はスナッフフィルム

カップリング曲。

 

サブスク.verには無いようですが、加工した声で「スナッフフィルムのように」とというフレーズから始まり、叩きつけるようなリフへ。

 

Aメロはクリーンで歌い上げ、サビでは「切断」のシャウトに始まり、ボーカルの声質と歌い方が活きるフレーズ。

 

そして途中、スキャットパートも登場!!

 

KORNに代表されるニューメタルサウンドが好きな方は絶対ハマると思います!!

 

「終わりに」

1stシングルである「変なメリーゴーランド」ではメルヘンかつ狂気的な世界観とはまた違った魅力を感じることができると思います。

 

また、音源にはメンバーによるトークが収録されておりまして、根っからのバンドのファンという方にはおすすめでござます。

 

その内容も通常盤(普通のトーク)とストロング盤(過激な内容らしい)で異なるので、どっちも気になる方はどっちも買っちゃえばいいと思います、はい(急な適当感笑)。

 

という訳で今回は以上!!

あざした!!

 

 

 gulu guluに関する過去記事↓

www.seieireviewblog.info