誠影は語る。

主にV系(ヴィジュアル系)メタルバンドについて語ります。

gulu gulu「ぐるぐる流出音源集「サイレン盤」」レビュー。

 

「今作について」

V系ロックバンドgulu guluのミニアルバム。

 

・狂気に満ちた世界観

・ヘヴィーなバンドサウンド×メロディアスさ

 

が特徴です!!

 

youtu.be

 

「収録曲レビュー」

1.SE -サイレン盤-

アルバムのオープニングを飾るインスト。

名前の通り、サイレンの音が鳴り響く内容。 

 

2.火炎瓶

狂気と凶暴性に満ち満ちたナンバー。

インスト明け初っ端これかよwww

 

シャウトを皮切りに畳みかけるバンドサウンド、裏声でメロディーを歌うボーカルと、前半だけでもイカレ具合が半端じゃない。

 

サビは「火炎瓶をぶん投げろ」「火の用心」といったフレーズが顔を出します。

もちろんそこでもサウンドは激しめ。

 

3.汚れた豚

引き続きアップテンポなナンバー。

ドスの効いたBメロの「脅せ」フレーズが聴きどころ。

 

サビではキャッチーなメロディーが登場します。

 

4.「」-まっしろ-

メルヘンチックな要素とへヴィ―サウンドが組み合わさったナンバー。

Bメロのノリの良いリズムと、どこかメルヘンチックさを感じる歌メロが聴きどころ。

 

5.悪人

スローテンポなパワーバラード。

サビでは重めのバンドサウンドが流れ込み、その上にメロディアスな歌が乗ります。

 

個人的に、ギターソロ明けの時計の針の音を用いたパートから、最後のサビに続く展開がドラマティックで胸熱。

 

6.おやすみ

youtu.be

今作ラストにしてリードトラック。

重厚なサウンドとダークな世界観が特徴のナンバー。 

 

サビはダークでありながらもどこか切なげでキャッチーなメロディーが登場します。

全体の疾走感も特徴の1つです。

 

「終わりに」

激しめの曲が多めで好きです(直球)!!

 

ちなみに今作はこの「サイレン盤」以外に、「リビングデッド・エンド盤」というタイプがございます。

そちらは火炎瓶ではなく「リビングデッド・エンド」が収録されています。

 

全曲コンプを目指す方はそちらもどうぞ。

 

あとgulu guluさん、個人的にライブで観て(聴いて)好きになった「鈴蘭」の音源化を待ち詫びていますよ。

よろしくお願いします(切実)。

 

それでは今回は以上!!

あざした!!

 

 

今回紹介した音源↓

(サイレン盤)

 

(リビングデッド盤)

 

 

gulu guluに関する過去記事↓

www.seieireviewblog.info

 

www.seieireviewblog.info

 

 

この記事を書いた人のTwitter

twitter.com