誠影は語る。

主にV系(ヴィジュアル系)メタルバンドについて語ります。最近は不定期更新。

exist†trace「WORLD MAKER」レビュー。

 

 

「今作について」

ヴィジュアル系には珍しい、メンバーが全員女性のハードロックバンドのメジャー2ndアルバム。

 

・様々なアプローチを仕掛けるキャッチーなハードロックサウンド

・ツインボーカル

 

が特徴です!!

 

 

「収録曲レビュー」

1.WORLD MAKER

youtu.be

今作のタイトルトラック。

壮大さのある歌モノ。

 

世界観に関してはそこそこ非現実的な美しさがありますが、なかなかメッセージ性の強い曲でもあります。

なんかインタビューにそんなん書いてあった覚え。

 

「ねえ今日は輝くんだ、この世界で」

 

この1フレーズから読み取れる、力強いメッセージですよ。

インタビューで誰かが言ってた覚えがあるんですけど、まさにその通りだなって。

 

2.ダイアモンド

youtu.be

シングル曲。

アップテンポで明るめのハードロックです。

 

タイプの違うツインボーカルを活かした掛け合いが聴けます。

 

シングル曲なだけあって、メロディーはとてもキャッチー。

 

このバンドの曲でオススメするとなったら、僕はこのダイアモンドを真っ先に挙げますね。

 

3.スパイラル大作戦

youtu.be

こちらもシングル曲。

一昔前の懐かしさを覚える音楽性。

 

しかし古臭さを感じさせるわけではなく、元々持っていたキャッチーな音楽性とうま〜く混ぜ合わせてます。

 

いや〜ハイセンス!!
 

4.JUST ONE

王道のハードロックサウンドナンバー。

Aメロのツインボーカルの掛け合いがスピード感あってカッコいい。

 

もちろんサビはメロディアス。

 

5.Imagination

歌詞にある「宝石の海」を思い浮かべるような、渋いギターの音色で奏でるお洒落なサウンドが特徴。

 

良い意味でのだらしなさというか、オープンな感じ?がうまく表現されてます。

 

6.Feel

狂気を感じるボーカルで始まります。

この時点でダークな曲が好きな僕としては期待大。

 

そして深みのあるダークなサビ。

よ、良すぎる・・・・・・!!

 

メインボーカルの声質は割とカッコいい系なので、それがまた暗めの雰囲気を醸し出すのに一役買っています。

 

それがギターソロではどこか光を感じるアレンジに。

このシンプルながらもドラマティックな展開は反則ですよ!!

 

7.SHOOTING STAR

ノリの良いリフが特徴。

 

サビの頭のエフェクトをかけたボーカルに近未来的な要素を感じます。

 

8.アンティークドール

アップテンポなハードロックナンバー。

サビのメロディーラインにどこか力強さを感じられます。

 

9.くちびる

ドラマーとドラムスティックの4カウントで始まるオープニングの時点で耳を引きますね。

 

リフを弾くパートでは手を叩く音が使われ、ノリの良さを演出します。

 

パワフルなバンドサウンドにキャッチーなメロディー。

重なるツインボーカルのハーモニーもカッコよい。

 

10.RAZE

哀愁と爽快感を覚えるサビのメロディー、そしてそこに乗る歌詞がマッチしすぎて、一度聴けば切なさに悶え苦しむことになります!!

 

僕はそうでしたね、ええ。

 

切なさという要素についてはアルバム中かなり上位に入る部類。

 

11.長い夢の終わりに

ピアノとストリングスが使われた、美しいバラードナンバー。

主人公の悲痛な叫びが聞こえてくる歌詞がとにかく素晴らしい。

 

サビのメロディーと歌詞の切なさ、更にはストリングスとピアノを使ったアレンジのおかげで、それはもう泣ける曲になってます。

 

12.VOICE

ストレートなハードロックサウンドと、キャッチーなメロディーが特徴のナンバー。

「真っ直ぐに」というサビの歌詞通りですね!!笑

 

イントロの時点でなんとなくこの曲の特徴が出てる感じがします。

サビはメロディーの良さに加え、爽快感もあってテンションが上がります!!

 

 

「終わりに」

メジャーデビューを境目に音楽性が変わったこのバンド。

 

元々ポテンシャルが高いため、雰囲気がガラッと変わってもハイクオリティーサウンドを奏でてくれます。

 

そしてツインボーカルという要素もうまく使い、オリジナリティーも充分。

 

よく耳にする、代表的なガールズバンド面々に並んで名前が出ても良いくらいですよ。

 

その手のバンドが好きな方には是非聴いてほしいですし、そうじゃない方にも聴いてほしい。

 

つまり全員に聴いてほしい。

めちゃくちゃ良いです。

 

それでは、今回は以上!!

あざした!!

 

 

今回紹介した音源↓

 

このバンドに関する過去記事↓

www.seieireviewblog.info

 

この記事を書いた人のTwitterとか音楽とか↓

t.co