誠影は語る。

主にV系(ヴィジュアル系)メタルバンドについて語ります。

VAMPS「UNDERWORLD」レビュー。

 

「今作について」

L'Arc~en~CielのボーカリストHYDEさんと、OBLIVION DUSTのギタリストK.A.Zさんによるユニット「VAMPS」のフルアルバム。

 

・ハードなロックサウンドとシンセで奏でられるダークで激しめの音楽性

・キャッチーなメロディーの曲が多め

 

なのが特徴です!!

 

 

「収録曲レビュー」

1.UNDERWORLD

ミドルテンポで進むハードロックナンバー。

サビはコーラスとボーカルとの掛け合いがあります。

 

それでも意外とテンション抑えめな印象。

 

2.CALLING

youtu.be

恐らく今作のリードトラックかと。

シンセとハードなバンドサウンドで構築されたナンバー。

 

ギターの単音のリフとシンセが絡み合うオープニングから、そのまま歌入り。

そしてサビではキャッチーなメロディーが力強く歌い上げられる!!

 

3.BREAK FREE

重厚なハードロックサウンドを聴かせるナンバー。

しかし疾走することはなく、ミドルテンポで進んでいきます。

 

サビも派手ではないにしろ、メロディーは良さげ。

 

4.DON'T HOLD BACK

少しアップテンポなハードロックナンバー。

バンドサウンドに乗るシンセのおかげでどこか美しさを感じます。

 

あと、タイトルコールを皮切りに、激しいバンドサウンドが流れ込むサビがめちゃくちゃ耳を引きますね。

超好き。 

 

5.BLEED FOR ME

どこか禍々しさを感じるへヴィ―ロックナンバー。

音は重めなんだけど、ゆったりテンポで進む楽器隊にけだるい感じのボーカルが乗る。

 

サビも決してキャッチーとはいえない取っつき辛さがあります。

  

6.IN THIS HELL

浮遊感のあるロックナンバー。

イントロ、そしてA、Bメロでは使われている音色によって浮遊感を覚える内容。 

 

それがサビでは広がりを見せ、さらには他のパートとのギャップでどこか明るさを感じます。

ここまでの曲がダークでハードというアグレッシブなサウンドだったこともあり、清涼剤的な立ち位置。

 

7.INSIDE OF ME

疾走感のあるロックナンバー。

シンセのリフ、拡声器を通したChris Motionless(海外のメタルコアバンドMotionless In Whiteのボーカリスト)のセリフからキャッチーなサビへ。

 

Aメロ、Bメロは疾走感、そして再びサビに入るとオープニングで聴けた内容に加え、熱いコーラスが登場します。

 

その後のスクリームパートもサビに負けないくらいの力強さがあり、聴きどころの1つとして挙がりますね!!

 

8.RISE OR DIE

荒れ地のドライブに合いそうな(主観)疾走感のあるロックナンバー。

サビはキャッチーであることに加え、聴けるコーラスのフレーズが面白いです。

 

9.SIN IN JUSTICE

チェリストとドラマーで構成されているバンド「Apocalyptica」が参加。

そのためか、チェロをメインとするダークなナンバー。

 

サビではメロディーと裏で鳴るチェロにより、悲壮感を覚える内容に。

 

10.B.Y.O.B(BRING YOUR OWN BLOOD)

シンセがメインのダンサンブルなナンバー。

サビもメロディーを聴かせるというよりはノリ重視の印象。 

 

11.RISE UP

キャッチーなメロディーが特徴のハードロックナンバー。

サビがキャッチーであることに加え、どこか陰りを感じるメロディーなのが良いですね。

 

12.ENJOY THE SILENCE

ダウナーな雰囲気の歌もの。

バンドサウンドも登場するものの、激しくなく、その暗い雰囲気を保ちつつ淡々と進んでいきます。 

 

「終わりに」

ダークでハードでキャッチー。

しかも歌う人が歌う人なだけあって、うまいし声カッコいいし。

 

VAMPSのアルバムの中では一味違った音楽性のアルバムですが、僕は1番好きです。

 

とりあえずダークでハードでキャッチーだったら大抵ハマりますからね、僕。

 

それでは、今回は以上!!

あざした!!

 

 

今回紹介した音源↓

 

VAMPSに関する過去記事↓

www.seieireviewblog.info

 

この記事を書いた人のTwitter

twitter.com