誠影は語る。

主にV系(ヴィジュアル系)メタルバンドについて語ります。

UnsraW「Spiral Circle -COMPLETE-」レビュー。

 

「今作について」

ヴィジュアル系バンドUnsraWのミニアルバム「Spiral Circle」に、新曲が追加されたアルバム。

 

・凶悪なへヴィロックサウンド&ボーカリゼ―ション

・ダウナーなメロディー

 

 が特徴です!!

 

「収録曲レビュー」

1.end of final(introduction)

ぽよんぽよんした音から始まるインスト。 

 

2.Dust to Dust

ゴリゴリのバンドサウンドと暴虐性のあるボーカルで攻め立てるナンバー。

 

サビではコーラス隊との掛け合いが聴けます。

ちなみにそのサビが1番激しいパートになります。

 

途中のベースのスラップパートも聴きどころ。

 

3.-9-

激しいA、Bメロ→開けたサビという王道のV系へヴィロック。

ミドルテンポで進行。

 

サビはゴリゴリ差は残るものの、とてもメロディアス。

 

4.Maria

サウンドのゴリゴリさを前面に押し出したナンバー。

 

初っ端繰り出される、硬いサウンドのギターによる殴りつけるようなリフの時点でインパクト大。

 

Aメロはクリーンボイスで歌い上げるも、サビでは低音シャウトがメインに。

その後のへヴィ―パートもなかなか凶悪なサウンドで良きです。

 

僕の耳はめちゃくちゃ喜びます。

 

5.in the fact

ゴリゴリのリフは相変わらず。

Aメロではクリーン(というか呟き声)ですが、「今すぐ消えろ」と歌うシャウトを皮切りに、超極悪パートへ。

 

そしてサビでは広がりを見せ、メロディアスに。 

 

6.休眠-おやすみ-

切ないスローバラード。

3拍子でゆっくり進み、サビでは儚いアレンジとメロディーが登場します。

 

ラストの壮大なパートは完全に泣かせにきてますね。 

 

7.Karma

重厚感のある刻むリフが特徴のナンバー。

 

Aメロではイントロのリフにクリーンが乗るスタイルでどんより重く進んでいきますが、Bメロでは盛り上がりを見せ、疾走感のあるサビに突入します。

 

そのサビのメロディーがなかなかキャッチーで良いですね。

 

8.[REW]

比較的すっきりしたへヴィ―サウンドで、ストレートに突き進んでいくナンバー。

サビで極悪サウンド&シャウトが登場します。

 

9.Gate of death

ダークでへヴィ―な歌ものナンバー。

薄暗い雰囲気からギターソロを経て明るさを感じるパートに入る、ドラマティックな構成が魅力です。

 

ギターソロが明けた後半のパートで初めて登場するサビのメロディアスさときたら。

 

10.嗤い鬼

シャウトで畳みかけるサビが特徴のナンバー。

へヴィ―さより疾走感重視な印象。

 

ラストのボーカルのシャウトはとあるバンドのオマージュかな。

 

「終わりに」

まあ実質ベストアルバム的なやつですね。

ぶっちゃけ同じ経緯で構成されたアルバムがあるのですが、個人的にはこちらがオススメ。

 

今でこそ7弦を用いたエクストリームミュージックを奏でるバンドが多いですが、こちらもそれに負けないくらいの暴虐性があります。

 

激しいバンドが好きなのであれば、是非手を出してほしいバンド・アルバムですね。

 

それでは、今回は以上!!

あざした!! 

 

 

この記事を書いた人のTwitter

twitter.com