誠影は語る。

主にV系(ヴィジュアル系)メタルバンドについて語ります。

Sadie「COLD BLOOD」レビュー。

 

「今作ついて」

ヴィジュアル系ロック・メタルバンドSadieの2ndフルアルバム。

 

・へヴィ―さとメロディアスさのちょうどいいバランス

・収録されているバラード曲があまりに切ない

 

が特徴!!

 

それ故、激しさとメロディーの両立した音楽性を求める人や、バラードにもこだわる人におすすめです!!

 

「収録曲レビュー」

1.慟哭

バラード曲。

バンドサウンドにピアノが加わり、初っ端から切なさを感じさせます。

 

サビでは切ないメロディーをハイトーンで歌い上げる!!

裏で鳴るストリングスもこの冷たい空気感を作り上げるのに一役買っています!!

 

後半のサビをオク下で歌うボーカルとピアノのみのパートがまた良い!!

 

2.Juggernaut

シンセストリングスと低音がずんずん響くバンドサウンドで幕を開ける

そしてキャッチーなサビへ。

サウンドは重めだけど全編クリーンで歌い上げられるナンバー。

 

3.LOOSING MY WAY OF THE PROUD

ゴリゴリのメタルナンバー。

初っ端スクリームで疾走します!!

ほぼつぶやき声とスクリームで構成。 

最後は爆走してTHE END。

 

4.砂漠のシンドローム

メタル臭さぷんぷんのツインギターのリフで幕開け。

サビでは歌メロと歌い方のせいか、どこかスリリングさを感じます。

 

5.棘 -toge-

アルバム中トップクラスのキャッチーさを持つナンバー。 

しかしサウンドは聴きやすめのメタル。

 

ピアノとストリングスががっつり入ることで冷たい空気感も構築!!

キャッチなメロディーをのせて疾走するサビも良いけど、途中の神秘的なパートも良いぞ~!!

 

6.deathtopia

アコースティックギターと歪ませたギターのフレーズからグロウルを合図に疾走!!

その後も激しさはそのままに進んでいきます。

サビは裏でシャウトとコーラスが、メインボーカルはグロウルでセリフを畳みかける。

 

7.ドレス

重めのバンドサウンドにピアノが絡むイントロからそのままサビへ。

さすがのメロディーセンス。

 

しかしそこからグロウルを合図にへヴィ―なリフが登場。

Cメロでは切なげなメロディーが歌い上げられ、最後のサビへ繋がります。

 

この盛り上がる流れを聴いた暁には、脱ぎ捨てるものはドレスだけでは済まなくなってしまう・・・・・・。 

 

8.Graceful Angel

そこそこテンポがゆったりめのナンバー。

Aメロは歌い方と重ね方によってどこか宗教感を覚えます。

サビはメロディアスであるものの、ところどころグロウルも登場。

 

9.霞に消える華

パワーバラード。

ハードなサウンドにキャッチーなメロディーがのるサビから始まります。

Aメロ、Bメロの中盤からバンドサウンドが加わり、サビに繋がる。

徐々に盛り上がっていく構成がサビを引き立てる!!

 

10.GIMMIK

足音と手拍子から疾走感のあるパートへ。

Aメロでは呟き声でラップ。

Bメロではへヴィ―なリフが登場。

 

サビはキャッチーなメロディーが登場。

また、チャラさを感じる掛け合いもある。

 

11.クライモア

ゴリゴリのリフにまくしたてる英語のセリフがのる忙しい(笑)オープニング。

Aメロもゴリゴリなリフにだみ声とコーラスで畳みかける。

この音の詰め方、最高じゃねえか・・・・・・!!

 

Bメロでは少し空間が生まれ、メロディアスに。

歌も全編クリーンボイスですし。

 

そして開放感のあるサビへ!!

 

激しいAメロ→クリーンで歌い上げられるBメロ→開放感のある疾走するサビという、何よりもサビのためのような構成が素晴らしい。

 

12.瞼の憂鬱

俺「間違いなく泣かせにきてる」

 

そういわざるを得ないくらい全体を冷たい空気感と切なさが支配する。

サビなんて切ないメロディーを切ないアレンジの効いたサウンドにのせて歌うんだからたまったもんじゃない(褒めてる)。

 

真冬、とくに寂しさを感じる時に聴いてほしい。

切なさに殺される。 

 

13.ドレス(unplugged.ver)

歌とピアノのみの編成。

それ故、歌がよりダイレクトに届きます。

是非原曲と聴き比べてみてください。

 

「終わりに」

捨て曲なし!!

苦手な曲もなし!!

 

そして切なさで殺しにかかってくるバラード3兄弟(慟哭、霞に消える華、瞼の憂鬱)(初めてこんな呼び方した)もいる!!

 

正直音質が悪めではありますが、そんなことが道端に落ちている小さい石ころくらいどうでもよくなるような良い曲の数々。

 

今作は他のアルバムに比べても結構暗めな感じなので、そういうサウンドが好きな人にはおすすめです!!

そうでなくてもせめてバラード3兄弟は聴いてほしい(しつこい)

 

それでは、今回は以上!!

あざした!!

 

 

 今回紹介した音源↓