誠影は語る。

主にV系(ヴィジュアル系)メタルバンドについて語ります。

SLOTHREAT「Allium」レビュー。

 

「今作について」

メタルバンドSLOTHREATのミニアルバム。 

 

・重低音響くバンドサウンド

・幻想的な雰囲気

・クリーンボイスのみのボーカル

・ハイトーンで歌い上げられる切なげでキャッチーなメロディー

 

が特徴です!!

 

「収録曲レビュー」

1.心霧

2に繋がるインスト。

 

2.蒼華

youtu.be

リードトラック。

幻想的な音色のギターとへヴィ―なサウンドがうまく両立された、ミドルテンポで進むナンバー。

 

サビでは幻想的な音色のギターとへヴィ―なギターにメロディアスな歌が乗ります。

後半の重低音響かせるパートも聴きどころ。

 

3.Mirage

今作最もキャッチーなメロディーが特徴のナンバー。

疾走感もあり、フックは抜群。

元々リードトラック候補だったという話も納得。

 

4.Certainty

Mirageが「直球どストレート」だとしたら、こちらは「変化球」。

 

低音効かせたリフから疾走するAメロへ。

サビでは跳ねるようなリズムにハイトーンが乗る!!

 

ちなみに僕の大学の先輩は「最後のサビが終わった後の疾走パートが好きだ」と言っていました。

僕も好きです。

 

曲の中で1番切なさを感じるメロディーが歌い上げられます。

そこが特に聴きどころかと。

 

5.sin of pride 

跳ねるようなリズムのリフとハイトーンボイスが生み出すフックが特徴のナンバー。

 

サビでもキャッチーなメロディーが歌われているわけではないのに、ここまで耳を引くのは前述の通り、ボーカルの声質とハイトーンによるものなのでしょう。

 

途中、へヴィ―サウンドが活きるブレイクダウンパートも登場します。

 

6.Scarlet

切ないメロディーが特徴のパワーバラードナンバー。

霧がかったような雰囲気が良き。

もちろんへヴィ―サウンドは健在です。

 

「終わりに」

サウンドはめちゃくちゃ重いのですが、それでも聴き疲れしないのはボーカルの声質が大きいと思います。

 

これが低い声質のだったらまた違ったでしょう。

 

また、幻想的な音色のギターを取り入れ、重さ一辺倒にならないようにしているのも聴きやすさの要因の1つかと。

 

さて、現在彼らは今作以外にもフルアルバムを1枚出していますが、初心者にはこちらをオススメしたいところ。

 

僕個人の好みの問題もありますが、全体のインパクトがこちらのほうが上であること、かつ曲数的に手を出しやすいのではないかと思います。

 

そして今作が気に入れば、是非フルアルバムのほうも手を出してみてはいかがでしょうか。

 

あちらはあちらで良い曲、新しい要素のある曲がたくさんありますから。

 

まあ手を出す順番についてはお任せしますが。

 

それでは、今回は以上!!

あざした!!

 

 

今回紹介した音源↓

 

 

この記事を書いた人のTwitter

twitter.com