誠影は語る。

主にV系(ヴィジュアル系)メタルバンドについて語ります。

ROTTENGRAFFTYの「PLAY」は切ないメロが好きなV系ファンにおすすめできるんですわ。

 

「今日紹介する音源について」

ROTTENGRAFFTYの名前、果たしてどこで聞いたのやら・・・・・・。

しかし名前は知っていても、曲は全く知らないという状況でした。

 

そんな時、YouTubeのおすすめにリードトラックである「PLAYBACK」のMVを発見しまして、なんとなく聴いてみたらま~カッコいい!!

 

youtu.be

その重厚なサウンドと切ないメロディーが、この胸を熱くしまして。

更に深堀してみたら、この曲が収録されている「PLAY」というアルバム、どうやら切なさを意識して作られた模様・・・・・・。

 

へヴィ―サウンドと切ないメロディーが好きな僕はそりゃあもうハマりましたよね!!

そんなわけで今に至るわけです。

 

「おすすめ曲の紹介」

・寂寞 -sekibaku-

初っ端壮大な曲。

切なげでありながらも、どこか希望が見えるような明るさのあるサビのメロディーとても美しい。

そして最後のサビの後にツインギターソロが来て、勢いを落とさないまま終わりへ向かうパートがとても胸アツ。

 

・PLAYBACK

今作のリードトラック、のはず。

重量感のあるリフがノレるノレる。

 

ところどころ顔を出すラップが良い味出してます。

そしてもちろん、メロディーが良い。

 

・「70cm四方の窓辺」

ギターのアルペジオからセリフ→バンドサウンドが雪崩込む展開ですでにボルテージマックス。

そして裏にストリングスを構えて疾走する切ないサビが胸に響きます。

 

・So...Start

アルバムのラストナンバー。

バンドサウンドはなかなかへヴィ―。

サビは歌詞とメロディー、アレンジによってで切なさがマックス!!

アルバムの最後に泣かしてきますね~。

 

「終わりに」

とにかくメロディーが切なげ!!

この要素が自分の中では大きいところ。

 

ていうか好みの曲多すぎて紹介しきれない笑

他に挙げるならSHREDとRainyがおすすめですね!!

 

 今回紹介した曲が気に入ったのであれば、ほぼ間違いなくアルバム自体好みに合うと思います!!

 

というわけで今回は以上!!

あざした!!

 

 

今回紹介した音源↓

 

 このブログを書いてる人のTwitter

twitter.com