誠影は語る。

主にV系(ヴィジュアル系)メタルバンドについて語ります。

My Enemies & I「Sick World」レビュー。

 

 

「今作について」

アメリカのニューメタルバンドMy Enemies & Iの1stミニアルバム。

 

メタルコア要素も持ち合わせたニューメタルサウンド

・効果的に用いられる不協和音

・落ち着きのあるメロディアスさ

 

が特徴です!!

 

「収録曲レビュー」

1.Reborn

youtu.be

今作のリードトラック的な扱い(だと思う)のナンバー。

 

シャウトパート→クリーンボイスでワンクッション置いた後にメロディアスなサビ

 

というまあまあわかりやすい展開ですが、それがまた良いのです。

サビでは陰りのあるメロディーがクリーンボイスで歌い上げられます。

 

リズムも他のパートよりも落ち着きを見せ、まさに「聴かせるパート」に。

 

2.Toxic

youtu.be

アップテンポなシャウトパートを経て、サビでは疾走感が落ち着き、ミドルテンポに。

この曲もボーカルはサビでクリーンになるスタイル。

 

後半は重厚なサウンドがのしかかるようなブレイクダウンパートもあります。

 

3.Fragile Bones

メタルコアを彷彿とさせる、パンチのあるイントロのリフが印象的なナンバー。

シャウトパートはアップテンポにガツガツ進んでいきます。

 

サビ前のダークなパートも魅力的。

その反面、サビでは明るい雰囲気を醸し出します。

 

ていうかシャウト→サビクリーンという展開は4を除いてみんな一緒っすね。

 

4.Parables

比較的聴きやすいナンバー。

クリーンボイスの比率も多め。

 

イントロからスタジアムでオーディエンスが合唱しているような、壮大な雰囲気をみせます。

ロディアスなサビの後半でも、同じようなコーラスが裏で鳴ることで盛り上がりをみせます。

 

5.Carbon Copy

重厚なリフが特徴のナンバー。 

 

効果音の後に叩きつけられるへヴィ―サウンド

オープニングのインパクトは十分ですね。

 

アップテンポなシャウトパートを経て、サビでは落ち着くのは最早お約束。

 

6.Fiends

youtu.be

他の曲も不協和音を取り入れてはいますが、この曲は低めの音が震えたような響きを用いています。

ちょっと特殊。

 

この曲もシャウトパートを経てサビでry・・・・・・。

 

先述の鈍い音を用いた重厚なブレイクダウンパートが特徴。

そこそこずっしりくる感じがします。

 

これは元来ニューメタル要素を持ち合わせていたからこその落とし方かも。

 

「終わりに」

My Enemies & Iは他にフルアルバムを1枚出しているのですが、メタルコア要素とニューメタル要素がうまく混ざり合った今作が1番好きですね!!

 

ほんでまあ、フルアルバムの後の作品を楽しみにしていたのですが、バンドのTwitterは全然動きがなく、これはもしや自然解散パターンではないかと・・・・・・。

 

もしそうだとしたら残念です。

せめてこの音源を大事に聴こうと思います。

 

それでは、今回は以上!!

あざした!!

 

今回紹介した音源↓

 

この記事を書いた人のTwitterとか音楽とか↓

lit.link

https://lit.link/Seieiofficial