誠影は語る。

主にV系(ヴィジュアル系)メタルバンドについて語ります。

MEME「クリプトス」レビュー。

 

「今作について」

ヴィジュアル系ボーカリスト&アーティストLによるソロプロジェクト「MEME」。

その1st配信アルバムになります!!

 

 

・ ハードロック的な激しさ

・ダウナーなメロディー

・ダークな世界観

 

 

が特徴!!

 

 

それ故、ダークな曲が好きな人「激しい曲が好きだけど、メタルまでいくとうるさい」という人、他にも90年代のダークなヴィジュアル系が好きな人におすすめです!!

 

 

「収録曲レビュー」

1.殺害に至る病

CDとして販売されている2ndシングルのタイトル曲。

 

 

夜を思わせるピアノとストリングス→ボーカルによるワンフレーズで始まるダウナーなナンバー。

 

 

「サビに行くぞ!!」という感じのBメロが意外と聴きどころだったりします。

 

 

サビはどこか90年代っぽさを感じますね。

 

 

2.オナニー

タイトルは直球ど下ネタ。

しかしサビの歌詞はどこか切ない。

 

 

そしてサビが無駄に聴きやすい。

 

 

3.Omen

 

配信シングル「プルガトリオ」のカップリング曲。

乾いたギターの音が特徴の疾走感あるナンバー。

 

 

ロディアスなサビと度々出てくるフレーズが聴きどころ。

 

4.disparition macabre

 

これもCDとして発売されているシングルのタイトル曲。

不穏なギターのアルペジオから始まる、ダークなミディアムナンバー。

 

 

静かなAメロ→激しくなるBメロの緩急、そして広がりのあるメロディアスなサビが登場。

この進むにつれて盛り上がっていく展開が良きです。

 

 

ちなみにMVではLさんの過去のバンドを知っていればニヤリとする部分もあるので、彼のファンの方はそちらも是非。

 

youtu.be

 

5.夜伽

ほんのり和の要素を感じる歌ものナンバー。

 

(恐らく)ギターのタッピングからストリングス、そしてバンドサウンドと歌が入る。

 

Bメロに入ると左右からそれぞれボーカルの掛け合いが登場し、疾走します。

それでも叫んでいる訳ではないので、曲の雰囲気を壊すことなく盛り上がりを見せてくれます。

 

 

サビではメロディアスに。

メロディーの良さに加え、裏で鳴る儚いストリングスが美しい世界観を構築。

 

 

6.テオフィルス

 

1番好き!!

 

 

A、B メロはスクリームで疾走。

そして、その後のクリーンがメインとなるパート→サビという流れが美しさを感じられて良きです。

 

 

また、そのサビの内容もどこか切なさを感じるメロディアスさ。

 

 

最後のサビの後に聴けるミドルテンポで進む大サビも、サビに負けず劣らずダウナーでメロディアス。

 

 

7.プルガトリオ

MEME初の音源のタイトルトラック。

 

 

ダークはダークなんだけど、全編クリーンで意外と聴きやすいナンバー。

構成としては結構シンプルな印象。

 

 

「終わりに」

今回はダークなヴィジュアル系ハードロックを奏でるプロジェクト「MEME」の1st配信アルバムについて紹介しました!!

 

 

また、本日(2020年10月1日)MEMEはアルバム「虚空を満たすエーテル」を配信を開始!!

→追記:配信されました!!レビュー記事も書いたのでこちらも是非!!

 

www.seieireviewblog.info

 

 

 

先行公開されている曲だけでも今作以上にメロディーが良く、それだけでもとてもおすすめできる内容だと思います!!

 

 

そちらのアルバムを聴いたらまたレビューしていこうと思います!!

 

 

それでは、今回は以上!!

あざした!!

 

 

今回紹介した音源↓

 

 

このブログを書いてる人のTwitter

twitter.com