誠影は語る。

主にV系(ヴィジュアル系)メタルバンドについて語ります。

MEJIBRAY「SM」レビュー。

 

「はじめに」

現在活動休止中のV系メタルバンド「MEJIBRAY」。

 

彼ら、フルアルバム2作、ベストアルバム2枚、ミニアルバム2作、そんでシングルが諸々って感じで、まあ結構音源多いんですよね笑

 

さらにフルアルバムはそれぞれ世界観というか曲調が異なるわけですよ。

 

いや〜新しく聴く人困るんじゃねこれ笑(個人的主観)

 

そんなMEJIBRAYですが自分がオススメするとしたら、1枚目のベストアルバム「SM」ですね。

 

もうとにかく「とりあえず「SM」聴いとけよ」ってことです。

 

 

「収録曲レビュー」

1.カルマ-瓦礫のマンティコーラース

なぜか最初小さくハイハットの音が笑

 

イントロからバカテクギターを披露。

そしてハードなリフが登場。

 

Aメロはシャウト→メロディーをクリーンで歌うという流れ。

Bメロは語りが登場。

 

サビでは彼らの王道スタイルであるタイトルコールも!!

これが耳に残るんだわ笑

 

2.KILLING ME

youtu.be

「いっちばん好き」(筆者の好み)

 

高音域で奏でられる細かいメタルチックなリフ。

その後に鋭いサウンドのギターが粒の細かい、単音のメロディーを奏でます。

 

これがまた刺激的!!

 

Aメロはクリーンで歌い上げ、Bメロでシャウトが登場!!

そしてサビはキャッチーに!!

 

裏でなるシンセストリングス?がどこか温もりを出していて良きですね!!

 

3.サバト

シャウトで始まるアグレッシブなナンバー。

 

激しいイントロ&Aメロ、裏声で歌い上げられる儚いBメロ、そしてキャッチーなサビというV系メタルの王道かつ綺麗な流れで構築。

 

4.Sadisgate

高音域で奏でられるギターの単音刻みフレーズ→スラップをこれでもかっていうくらいぶっ込んだイントロという幕開け。

そしてBメロでは爆走!!

 

しかしサビでは広がりをみせる!!

 

キラキラしたシンセもチャラくなることなく、むしろそれが荘厳さを出してますね。

 

5.EMILY

切ないバラード曲。

 

Aメロで女性ボーカル重ねているところが切なげで良きです!!

 

また、サビは「ど頭タイトルコールという王道スタイル×タイトルが女性の名前」ってこともあって、「今はもう会えない人に語り掛けるような」構成になっているのもポイントですね。

 

そして最後の終わり方も儚さを感じられる魅力の1つ。

 

是非最初から最後まで聴いてほしい。

 

6.アヴァロン

ピアノで始まる煌びやかなナンバー。

 

また、イントロ以外にもピアノが入っておりまして、結構棘が少なめの印象。

しかしBメロはスラップの利いたシャウトパートでございます。

 

収録曲の中では比較的聴きやすい方なのではないかと。

 

7.DIE KUSSE

女性コーラス+アコースティックギターによるオープニングが、アパレルブランドに流れてそうなお洒落さ。

 

しかしそこからバンドサウンドが入り、へヴィ―に。 

そしてドイツ語の数字4カウント→疾走するA、Bメロへ突入!!

 

サビでは女性コーラスが再び登場、そしてボーカルがクリーンでメロディーを歌い上げる!!

 

あと個人的に最後のサビが終わった後のへヴィ―なパートが好きです。

 

8.アプリオリ

シャウト→ヘヴィーなリフというオープニング。

 

全編通してハードでゴリゴリのサウンドが目立ちますが、それ以上にサビがキャッチーで耳を引きます。

 

9.醜詠

ダウナーな雰囲気のイントロで幕開け。

そして続くAメロもボーカルは低音域を歌い、バックのサウンドも派手さ控えめ。

 

サビでは広がりを感じるも、キャッチーさはなく、他の曲に比べてかなり暗い印象。

 

 

10.DECADANCE-Counting Goats…if I can't be yours

電子音→渋さも感じられるギターのリフに始まり、オクターブ奏法でメロディーを奏でられるパートへ。

 

Aメロはクリーンで歌い上げられ、Bメロでシャウト×語りが聴ける!!

そしてサビではキャッチーなメロディーが登場!!

 

途中入るピアノパート→ギターソロという展開も聴きどころの1つです!!

 

また、時折入るストリングスがどこか明るさを感じさせます。

 

11.And Then There Were None.

ハードなリフが目立つナンバー。

2nd Pressのみ収録。

 

「終わりに」

「とにかく迷ったら「SM」を聴けばいい」

 

マジでこう思っています。

 

これ買えば彼らの初期の代表曲がほとんど揃う訳でして。

 

で、音源で買うならこの2nd Press盤のみにはなるんですが、ITunesで買うなら初回生産版買って、足りない曲をこの2nd Press盤から買った方がいいと思います。

 

ぶっちゃけ初回生産盤のみに収録されているDiverdance(And Then There Wereの枠に収録)の方が取っつきやすいです。

 

まあそこんとこ、うまくやりましょうよ笑

 

今回は以上!!

 

MEJIBARY聴いてみてね!!

 

あざした!!

 

今回紹介した音源↓