誠影は語る。

主にV系(ヴィジュアル系)メタルバンドについて語ります。

IMMINENNCEの「Turn The Light On」が壮大な世界観が、あなたの心に明かりを灯す。

 

「今回紹介する音源について」

「王道のメタルコアはどれも同じように聞こえてしまう。

俺が求めるのは、独自の世界観を描くメタルコアだ!!」

 

そんな僕のクソわがままを叶えてくれるかごとく、美しく壮大な世界観を作り上げているのがこのIMMINENCEのフルアルバム「Turn The Light On」なのです!!

 

最初から最後まで、まるで映画のような展開をみせる収録曲達!!

サブスクの台頭により、曲単体で楽しむことが増えてきているみたいですが、このアルバムは絶対通して聴いてほしい!!

 

とはいうものの、「流石にいきなり通しはちょっと・・・・・・」という人には、今回紹介するおすすめを聴いてもらえば、全体の魅力が少しはわかるかと思います!!

 

「おすすめの曲」

・Erase

これから始まる物語に期待を抱かせてくれる優秀なオープニングナンバー。

静かな始まりからバンドサウンド、特にドラムロールが入るところが盛り上がりを感じられて良きです!!

 

・Room To Breath

ホワンホワンした音から重みのあるバンドサウンドへ。

全体的にスロー~ミドルテンポ。

サビはずんずん進む感じのリズムに力強さを感じます。

そして声の重ね方からか、歌の方にも壮大さと力強さを感じられますね。

 

・The Sickness

アルバムで描かれるストーリーの、いわば「転」の部分に当たるナンバーだと捉えました。

スリリングなサウンドのアンサンブルがたまらない!!

特にサビにおける張り上げて歌うボーカル、そしてその裏でボーカルに負けじとばかりに鳴るバンドサウンドとバイオリン。

このそれぞれの主張の強さが、鬼気迫る雰囲気を作り出しているのだと思いました!!

 

・Lighthouse

彼らを知るきっかけとなった曲。

そしてアルバムを1本の物語に例えるなら、この曲はまさに終盤、クライマックス。

硬いギターのサウンド、声が枯れてしまいそうなくらい張り上げて歌い上げるエモーショナルなサビがとても魅力的。

特にサビのフレーズがこの「クライマックス感」を出すのにかなり貢献していますね。

そしてこの曲が終わると・・・・・・。

 

・Love&Grace

この(激しい音楽が好きという意味の)へヴィ―リスナーが、まさかのバラードをおすすめですよ!!

このアルバムのエンディングを飾る、映画でいうエンドロールのような立ち位置のナンバー。

ピアノと歌とバイオリンというシンプルな構成ですが、音で紡がれる美しい情景が頭に浮かぶ!!

アルバムのクライマックスであるLighthouseからこの曲へ。

最後に鳴る音が消えた時には、1本の映画を観終えたかのような充実感があることでしょう。

 

「終わりに」

さて、今回は海外のメタルコアバンドIMMINENCEのフルアルバム「Turn The Light On」を紹介させていただきました!!

 

本当に、世界観重視のメタルコアとしてとても上出来!!

曲自体もちろん良いですし、その曲達が作り上げるストーリーも素敵!!

 

気になった方は是非、この壮大な物語を体感してみてください!!

 

それでは、今回は以上!!

あざした!!

 

 

今回紹介した音源↓

 

このブログを書いてる人のTwitter

twitter.com