誠影は語る。

主にV系(ヴィジュアル系)メタルバンドについて語ります。

Girugamesh「MUSIC」レビュー。

 

「はじめに」

ヴィジュアル系ラウド・ヘヴィロックバンドGirugameshの3rdフルアルバム。

 

・電子音を取り入れたミクスチャーロックサウンド

 

が特徴です!!

 

「収録曲レビュー」

1.-INTRO-

電子音や加工した声を用いたインスト。 

 

2.Break Down

youtu.be

キャッチーで爽快感のあるサビが特徴のロックナンバー。

Bメロではラップ、そして超爽やかなサビに突入します。

 

歌詞も明るくて、リスナーにエネルギーを与えてくれます。

 

3.ULTIMATE4

叩きつけるようなリフが特徴のミクスチャーロック。 

サビではイントロで聴けたリフの上にがなり声で歌うメロディーが乗ります。

 

ロディアスというよりは、リフとボーカルでゴリゴリ進む感じですね。

 

4.FREAKS

疾走感のある激しいロックナンバー。

Aメロ→ごついリフとがなり声で畳みかけるサビという緩急際立つ構成が良き。

「FREAKS」とがなり声で歌うコーラスも熱い。

 

途中、リズムが落ちついてラップパートが登場します。

 

5.アングリージュース

ノリの良いミクスチャーロックナンバー。

イントロのスラップと裏打ちのリズム、電子音に心地良さを感じます。 

 

サビはメロディアスではないのですが、なぜか耳を引く。

 

ちなみにこの曲の歌詞が、どうしてもタピオカミルクティーについての歌に聞こえてしまうんですよね。

絶対違うけど。

 

6.evolution

アップテンポでポップさのあるロックナンバー。

女性コーラスやイントロ及び間奏の電子音が聴きやすさを助長。

 

ボーカルもほとんどクリーンボイス。

 

7.-INST.-

次のpuzzleに繋がるインスト。

ピアノやフェードインを繰り返す神秘さと透明感のあるサウンドにより、まるで白い部屋にでもいるかのような不思議な感覚に陥ります。 

 

8.puzzle

-INST.-の音楽性をそのまま反映したかのような、神秘さと透明感のあるアップテンポなナンバー。

激しめのナンバーが続いていたので、この曲で耳が休まります。

休憩大事だね。

 

メロディーも一瞬で耳を引くようなキャッチーさはありませんが、曲調に合ったメロディアスさがあります。

 

9.Asking why

スローテンポでずっしりしたサウンドに、ラップやがなり声が乗るミクスチャーロック。

サウンドはゴリゴリしていたり、ボーカル共々ゴツくなるパートはあったりしますが、比較的穏やかな曲調。

 

サビではボーカルが、がなり声とクリーンの中間をいくような力強い声でメロディーを歌い上げます。

 

10.DEAD WORLD

分厚いリフが特徴の、アップテンポなナンバー。

サウンドはゴツいものの、リズムの軽やかさがメタルではないへヴィ―ロック感を出しています。

 

Bメロのラップパートも良いアクセント。

 

後半のへヴィ―なバンドサウンドによるゴリゴリのパートが個人的に推しです。

その上にラップが乗っちゃうんだから、これまた良いこと良いこと。

 

11.イシュタル

ピアノやラジオのようにこもったエフェクトをかけたサウンドを用いた、パワーバラードナンバー。

サビはこれまでの抑えめテンションを引き継いだままメロディアスな内容に。

 

12.縁enishi

ミドルテンポで進む、ポップではないキャッチーさのあるロックナンバー。

全編クリーンで歌い上げられます。

 

明るく成り切れない感じのサビのメロディーが良き。

 

「終わりに」

ぶっちゃけ過小評価して全然聴いてなかったんですけど、この前なんとなく聴いたら良いこと良いこと!!笑

 

いつもは1stフルアルバムの「13's Reborn」か2ndフルアルバム「Girugamesh」あたりをよく聴いてたんですけど、この「MUSIC」もなかなかのお気に入りになりました!!

 

ちなみにそれがキッカケで色々聴き漁っているのですが、それはまたいつか。

 

それでは、今回は以上!!

あざした!!

 

今回紹介した音源↓

 

Girugameshに関する過去記事↓

www.seieireviewblog.info

 

www.seieireviewblog.info

 

www.seieireviewblog.info

 

この記事を書いた人の音楽やら各SNS

lit.link