誠影は語る。

主にV系(ヴィジュアル系)メタルバンドについて語ります。

Get Scared「DEMONS」レビュー。

 

「今作について」

海外のポストハードコアバンドの2ndフルアルバム。

 

メタルコアっぽさを感じさせるへヴィ―なサウンド

・ポップ寄りなメロディー

 

が特徴!!

 

 

「収録曲レビュー」

1.Buried Alive

俺の心を掴んだナンバー。

 

サイレンの音からシャウト&へヴィ―なリフが登場。

 

サビはキャッチーなメロディーが。

特にその後半の、さらに盛り上がるところがカッコよすぎてゾクゾクする。

 

両翼のギタリストがお立ち台に立って演奏する映像が頭に浮かびます。

 

実際どうかは知らんけど(責任逃れ)。

 

こいつはやべえよ。

 

2.Suffer

A、Bメロはシャウトが登場し、ハードなリフと共に進行。

サビは全然激しくない。

 

落ち着きのあるメロディーで進みます。

 

3.Addict

雨音をバックに構えるサビから始まるパワーバラード。

 

リフはへヴィ―ですが、シャウトはイントロの1回のみで、あとは全てクリーンで歌い上げられる。

 

広がりを感じるサビのメロディーが素敵。

 

どこか雨が上がったばかりの晴れた青空が頭に浮かびます。

 

4.Under My Skin

ミドルテンポで進行するハードでメロディアスなナンバー。

 

イントロとAメロは比較的ゆったり進みます。

 

Bメロでシャウト&疾走、そしてサビではテンポ感を落とし、広がりを感じさせる。

「情緒不安定すぎん?」と思わざるを得ないぶっこみ方ですが、これが功を奏し、サビの印象がより強く残る。

 

やるじゃん(何様)!!

 

5.Demons

女性コーラスから始まるまったりナンバー。

ところどころへヴィ―なリフやシャウトが登場しますが、全体的にスローテンポ。

 

本当にタイトルトラックなのかコレ(爆) 。

 

ちなみにこの曲から6に繋がります。

 

6.The Devil's In Details

「はい、素晴らしい!!」

 

叩きつけるようなリフとストリングスを交えたシアトリカルなオープニング。

 

サビではどこか哀愁を感じるメロディーで疾走!!

その内容からどこかスリリングさを感じます。

 

途中のシャウトの掛け合いが聴けるパートも聴きどころの1つ。

 

7.What If I'm Right

ほとんどクリーンで構成される、のんびりへヴィ―ロック。

ところどころピアノが入っており、曲にほんのり柔らかい雰囲気を加えています。

 

8.Take A Bow

どこか悲壮感を覚えるピアノの音から始まるナンバー。

そして最初のシリアスさが微塵も感じられない疾走感のあるサビが特徴。

 

9.Relax,Relapse

初っ端シャウトをかましてきます。

それで誰がリラックスできんねん。

 

サビではクリーンボイスで進みます。

「Die」だか「Dive」だか熱く叫んでるコーラスがキャッチーさをプラス!!

 

10.Second Guessing

切なさ溢れるパワーバラード。

アルバムで1番好き。

マジ泣く。

 

サビはアルバム中トップの切なさを誇る。

これは絶対。

 

そして最後のサビではそのメロディーで軽く疾走するのが強い。

 

ちなみに大学時代によく聴いていたので、その時の思い出も組み合わさって、胸が締め付けられそうになります。

 

11.R.I.P.

アルバムのラストナンバー。

イントロでは疾走感があるものの、全体的はミドルテンポで進みます。

サビはコーラスによって少し壮大に。

 

 

「終わりに」

洋楽のバンドの中でも3本の指に入るくらい好きなバンド。

まあいうても気分で変動するんですけどね笑

 

捨て曲はないと思っていますが、とにかく1.と3.と6.と10がブチ抜けて良すぎるので、最悪それだけ聴けばいいよ笑

 

それでは、今回は以上!! 

あざした!! 

 

 

今回紹介した音源↓

 

この記事を書いた人のTwitterとか音楽とか↓

lit.link