誠影は語る。

主にV系(ヴィジュアル系)メタルバンドについて語ります。最近は不定期更新。

Geomatriumの「Zanhrad」で魅せる物語。

 

 

 

「彼らを知るキッカケ」

わたくし、元々「llll-Ligro-」というV系バンドを推しておりました。

 

そのボーカルの「Geomatriumの始動ライブに行った」というツイートを見かけたのが名前を知るキッカケだったのです。

 

また、Geomatriumのメンバーが依然組んでいた「針槐」というバンドも知っていたため、より興味をそそられたんですよね。

 

しかし、当時は如何せんアルバムの試聴動画もMVもないどころか、彼らの音楽を聴ける手段がいきなりCDくらいしかなかったんですよね。

 

「いやはや、困ったなあ」と。

 

そしたらライカエジソンの企画で彼らの曲が聴けそうだったので、そのためだけに別のバンドの音源を買った覚えがあります。

 

それで彼らの音楽性を知ることができた訳です。

 

また、以降ライブを観させていただく機会がございまして、おかげでGeomatriumの音源を買うまでに至りました。

 

 

「収録曲レビュー」

1. Orbit

SEになります。

どこか宗教的なサウンドと派手すぎない電子音が特徴。

 

2.隔離的bedroom

イントロはアルペジオ×ベースのスラップ→宗教的なコーラスが聴けるハードなサウンドへ。

 

Aメロは序盤裏声で歌うことでどこか退廃的な雰囲気を感じさせます

Bメロではメタルコア的な刻むリフをバックに。

 

そしてサビでは余計な音を減らし、聴きやすく。

 

最後には大サビも用意されており、物語の始まりを感じさせる1曲になっています。

 

3.Cluck in the ark

youtu.be

 MVになっているんで、実質リードトラック的な扱いですかね。

 

Bメロではクリーンボイスとシャウトの応酬。

ピアノのフレーズから広がりのあるメロディアスなサビへ。

 

途中メタリックなギターソロも登場!!

 

4.Acid glass rain

バラード曲。

 

硬いギターの奏でるアルペジオから歌へ。

スローインをかけたギターが良い味を出してます。

 

サビでは裏が温かさを感じさせるストリングスが鳴る。

 

消えいくような儚いアウトロも魅力的。

 

5.砂上船

中間SE。

 

ピアノと不思議な音を奏でるシンセが特徴。

 

6.アルカナとアガルタ

冷たさを感じさせるコーラスで幕開け。

 

静かなまま進むと思いきや、途中シャウトが登場し、軽く疾走。

 

そしてサビではそのテンポ感を保ったままメロディアスに。

 

7.Naked king

スリリングなピアノのフレーズを絡めた疾走するイントロが特徴。

 

サビではnot 売れ線なキャッチーさのあるメロディーが登場!!

 

アウトロではギターソロも入ります!!

 

8.墓標に想

ピアノとストリングスで構築されるSE。

光差す情景が浮かびます。

 

9.The spell engraved in Ivory

歌とピアノで幕開け。

 

そして広がりを感じさせるイントロへ。

 

Aメロはアルペジオとコードを弾く空間を活かす構図。

途中入り出すベースもどこか温かさを感じさせます。

 

Bメロでは3拍子に変わり、ピアノが入り始める。

 

サビは広がりのあるアレンジ。

そしてボーカルは力強くメロディーを歌い上げます。

 

終わりかたも綺麗で良いなあ。

 

10.滅びの詩片

最初のOrbitと同じ楽器を使っているのに加え、コーラスを用いて神秘的な世界観を構築。

 

物語の終幕を感じさせます。

 

 

「終わりに」

常々思うんですけどね、Geomatrium、過小評価され過ぎなんですよ!!

 

世界観はしっかり構築されているし、メロディーも良く、激しい曲もバラードもできる!!

 

だからお願い!!

もっとGeomatrumを知ってくれや!!

 

以上、おしまい!!

あざした!!