誠影は語る。

主にV系(ヴィジュアル系)メタルバンドについて語ります。

DIR EN GREY「The Insulated World」レビュー。

 

「今作について」

V系出身大御所へヴィロックバンドDIR EN GREYの10thアルバム。

 

・へヴィ―ロック、ハードコアサウンド

・時折みせる幻想的なサウンド

・疾走感のある曲の多さ

 

が特徴です!!

 

youtu.be

「収録曲レビュー」

Disc.1

1.軽蔑と始まり

疾走感のあるハードコアナンバー。

ロディアスさは皆無。

 

ところどころリズムが変わるので、そういった面での緩急も魅力かと。

 

2.Devote My Life

調子の外れたギターのフレーズが特徴のナンバー。

「軽蔑と始まり」がストレートだとしたら、こちらは変化球的な?

 

クリーンボイスはほとんどなく、大体グロウルか濁声かシャウト。

 

3.人間を被る

youtu.be

より低音に重きを置いたリフと、少し開放感のあるサビが特徴のスローテンポのナンバー。

このサビではハイトーンボイスが活きるメロディアスな歌が聴けます。

 

それと、最初のサビが終わった後のコーラス隊との掛け合いが聴けるパートも聴きどころ。

 

4.Celebrate Empty Howls

基本濁声で進行します。

個人的に、途中登場する美声が重なることによってダークさが生まれているパートが好きです。

 

5.詩踏み

疾走感とダウナーかつキャッチーなメロディーが特徴のナンバー。

Cメロで見せるハイトーンには脱帽です。

 

あとシングル.verとはちょっと変わっているところも。

 

6.Rubbish Heap

濁声をメインにスクリームやホイッスルボイス交じりのシャウトが用いられています。 

序盤、中盤と激しい曲調だったのが、最後の最後にメロディーをクリーンボイスで歌い上げるサビが登場。

 

この極端な緩急の付け方が、ラストのサビのインパクトを底上げしています。

 

7.赫

幻想的な雰囲気が特徴の、ミドルテンポのナンバー。

クリーンで歌い上げられるサビのメロディーはもちろんのこと、その後半に裏でなるギターの単音刻みフレーズがドラマティックさを演出。

 

ギターソロも聴きどころ。

 

8.Values of Madness

キャッチーでどこか切なげなメロディーが特徴のナンバー。

比較的聴きやすい。

 

Bメロのふざけた歌い方も特徴。

 

9.Downfall

単音の速弾きツインリードギターが印象的な疾走感のあるナンバー。

最後にクリーンボイスで歌い上げられるサビが出てくるドラマティックな構成。

 

10.Followers

クリーントーンのギターや、音の詰め方による幻想的な雰囲気とハイトーンで歌い上げられるメロディーが特徴の歌ものナンバー。

 

全編クリーンボイス。

ギターソロもメロディアスで聴きどころ。

 

11.谿壑の欲

どんよりした雰囲気が特徴のナンバー。

荘厳さを感じるイントロも特徴的。

 

途中、濁声やグロウルで疾走します。

個人的に、次の曲への繋ぎのような意味合いが大きい気がします。

 

12.絶縁体

クリーンメインで歌い上げられる長尺曲。

 

宗教的なSEを用いたイントロの時点で「何かある感」すごい。

サビは壮大でメロディアス。

 

サビの他にも濁声で疾走するパートや、ワウを聴かせたツインギターソロなど、長尺なだけあって聴きどころ満載です!!

 

13.Ranunculus

youtu.be

今作唯一のガチバラードナンバー。

ピアノやクリーントーンのギターによって創り上げられる幻想的な世界観が特徴。

 

Disc2.

僕は完全生産限定盤を購入したので、2枚目の再録曲についても。

 

1.鬼眼

Aメロはクリーンボイスで歌う癖に、サビでは激しさが爆発するちょいギレナンバー。

 

・原曲と比較して

→イントロにちょっとノイジーな電子音や、ギターソロの音色がシンセギターのような、少しインダストリアル色が強めになっている印象

→ボーカリゼ―ションも原曲より幅広く活用。同じサビでも後半に進むに連れて使う声の種類を増やしている

→(タイトルからローマ字表記が消えた)

 

2.THE DEEPER VILENESS

分厚いリフとほとんどグロウルやシャウトのボーカリゼ―ションが特徴のハードコアナンバー。

激しさだけでいったらDisc.1のどの曲にも勝るレベル。

 

・原曲と比較して

→イントロが少し追加

→原曲ではボーカルのみが歌っていた箇所が今回はコーラス隊も混ざっている

→サビ?では吐き捨てるようなシャウトだったのがグロウルになっている

→最後の終わり際のパートをシャウトで歌っていたのが、クリーンボイスで歌い上げられるようになった

 

3.理由

ロディアスな歌もの。

 

・原曲と比較して

→Aメロにストリングス?が追加

サウンドは重厚に

→ギターソロ明けのボーカルにエフェクトがかかっている

→終わり際、効果音的な感じでボーカルが追加

→(タイトルからローマ字表記が消えた、その2)

 

「終わりに」

疾走感のある曲が多めでしたね~。

激しくて速い曲は好きですよ。

 

あとDisc2。

 

お前おまけどころの話じゃないやんけ。

THE DEEPER VILENESSとかもろ主役やん。

 

というわけで、買うならTHE DEEPER VILENESSが収録されている完全生産限定盤をオススメしますよ。

ちと高いけど。

 

それでは、今回は以上!!

あざした!! 

 

 

今回紹介した音源↓

(Disc2に紹介した曲が全部入っているのは完全生産限定盤のみ)

The Insulated World(完全生産限定盤)(Blu-ray Disc付)

新品価格
¥12,894から
(2021/2/5 14:05時点)

The Insulated World(完全生産限定盤)(DVD付)

新品価格
¥9,980から
(2021/2/5 14:07時点)

 

The Insulated World(初回生産限定盤)

新品価格
¥6,100から
(2021/2/5 14:10時点)

The Insulated World(通常盤)

新品価格
¥2,970から
(2021/2/5 14:10時点)

この記事を書いた人のTwitter

twitter.com