誠影は語る。

主にV系(ヴィジュアル系)メタルバンドについて語ります。

DEZERT「暫定的オカルト週刊誌①」レビュー。

「今作について」

ヴィジュアル系バンドDEZERTの、入手困難な曲をメインにまとめたベストアルバム。

 

・ダークでへヴィ―なサウンド

・キャッチーなメロディー

・グロテスクな歌詞表現

 

が特徴です!! 

 

「収録曲レビュー」

1.秘密

のたうち回るような低音サウンドが特徴のナンバー。

アップテンポで進んでいきます。

 

Bメロの歪んだコーラスがガラ悪くて好き笑

そしてサビはメロディアスに。

 

2.Sister

疾走感のあるキャッチーなナンバー。

ボーカルとコーラスの掛け合いが聴けるパートと、キャッチーなメロディーが登場するサビが聴きどころ。

 

3.包丁の正しい使い方~思想編~

 

不穏な雰囲気を醸し出すギターのコードからノリの良い&重いリフへ。

サビでは悲壮感を覚えるメロディーをボーカルが歌い上げます。

 

4.包丁の正しい使い方~実行編~

疾走感と悲壮感が特徴のナンバー。

 

サビでは疾走感がなくなるも、その分メロディアスに。

さらに後半には再び疾走して別のメロディアスな歌が入る展開に。 

 

5.包丁の正しい使い方~終息編~

フロアの荒れる光景が脳裏に浮かぶ、疾走感と激しさが特徴のナンバー。

 

「重い」というより「速い」。

爆走というほどではないですが、ほとんど疾走してます。

 

6.誤解

陰鬱な雰囲気が特徴のナンバー。

スローテンポで進行します。

 

その間、臭気を感じさせる音色のギターやガチャガチャしたリフが登場します。

サビもメロディーに加え、ボーカルの表現力によってリスナーを暗い気分に叩き落とす!!

 

怖いねえ。

 

7.大塚ヘッドロック

ゴリゴリでがっつり不協和音を取り入れたリフと、キャッチーなメロディーが特徴のナンバー。 

途中、リコーダーを取り入れ、混沌と化したパートが登場します。

 

8.「遭難」

今作唯一の切ない歌詞とメロディーが特徴のバラードナンバー。

ところどころ入る電子音(というかシンセ)が、どこか冷たい空気感を演出。

 

サビでは先述の通り、胸が締め付ける切ないメロディーが登場します!! 

 

9.ゴシック

重低音響かせる激しさが特徴のナンバー。

 

ド頭からへヴィ―リスナー(へヴィ―サウンドを好むリスナーの意味)が望むような、鈍い音を奏でるギターが登場します。

そして、そこで沸いた期待を裏切ることのない展開へ。

 

ところどころ電子音やピアノでダークな雰囲気を作り出しているのも特徴ですね。

 

「終わりに」

ダークでへヴィ―でメロディアス、更に歌詞の表現もグロテスクな言葉を用いるスタイル。

暗いヴィジュアル系が好きな人には速攻おすすめできるアルバムです!!

 

ちなみに、今作と同じく完売音源集をメインに構成されているベストアルバム「完売音源集-暫定的オカルト週刊誌②-」を一緒に聴くと、初期の彼らの音楽性が大体把握できると思います!!

 

絶対、多分、間違いない!!

 

それでは、今回は以上!!

あざした!!

 

今回紹介した音源↓

 

DEZERTに関する過去記事↓

www.seieireviewblog.info

 

www.seieireviewblog.info

 

www.seieireviewblog.info

 

 

この記事を書いた人のTwitter

twitter.com