誠影は語る。

主にV系(ヴィジュアル系)メタルバンドについて語ります。

DEZERT「タイトルなし」レビュー。

「このアルバムについて」

ヴィジュアル系バンドDEZERTの1stフルアルバム。

 

・ゴリゴリのハードなサウンド

・キャッチーなメロディー

・時折見せる陰鬱な雰囲気

・グロテスクなフレーズで身を包んだ歌詞

 

が特徴です。

 

その音楽性故、激しさとキャッチーなメロディーの両立を求める人ダウナーな世界観を求める人におすすめです!!

 

 

「収録曲レビュー」

1.----

SEかと思ったらダウナーな歌ものでした。

歌ものといっても決して聴きやすいものではないですけど。

これが終わると・・・・・・。

 

2.嘔吐

 「----」に繋がる形で始まる重厚なナンバー。

バッキバキのベースに不協和音を用いたリフ、デスボイスをいくつも重ねる荒々しいパートが聴きどころ。

しかし最後は意外と静かな終わり。

 

3.殺意

インパクトある「殺意」というフレーズを用いた歌で幕開け。

さらにそのフレーズを繰り返しながら突き進んでいきます!!

サビではテンポ感を落とし、メロディアスに。

 

4.infection

不穏な音からノリのいいイントロへ。

不協和音を用いたリフが特徴。

裏でツーバスが鳴るサビが力強くもメロディアスで魅力的です!!

 

5.胃潰瘍とルソーの錯覚

聴きやすい歌ものロックナンバー。

サビでは儚いメロディーが歌い上げられます。

ボーカルの掠れた裏声が良い味を出してますね。

 

6.擬死

ダウナーなギターのフレーズから始まるどんよりとしたナンバー。

途中のへヴィ―なバンドサウンドが登場する鬱パートからメロディアスなサビに入る流れは聴きどころの1つだと思います!! 

 

7.さぁミルクを飲みましょう。

ダウナーな歌ものナンバー。

落ち着きのあるテンポ感ではありますが、歌詞はボーカリストの身近にいる人間に対して毒を吐くような内容。

 

8.軽蔑

びっくりするほど爽やかなナンバー。

爽快感溢れるサビのメロディーがとても魅力的。

そしてヘヴィーサウンドが顔を出すCメロも聴きどころ!!

 

9.doze.

アルバムトップクラスの激しいナンバー。

イントロからそのまま疾走し続けると思いきや、途中でリズムががらりと変わります。

そのパートの同じメロディーを、ボーカルが右と左で違う歌詞を歌うのが面白い。

 

 

10.脳姦少年

全編クリーンボイスの聴きやすいナンバー。

サビでは切なくキャッチーなメロディーが歌い上げられます!!

また、クリーントーンのギターとサビのメロディーを歌うボーカルだけのパートが、より切なさを感じられて良きです!!

 

11.教育

「お前が嫌いさ」のフレーズからへヴィ―なリフへ。

Bメロのゴリゴリのリフを裏に構えた重めのパートからサビに繋がります。

そしてそのサビではキャッチーで切なげなメロディーが登場!!

先述の展開故、よりメロディーの良さを感じられます!!

 

12.-26時の冷蔵庫-

雨音とピアノで紡がれる、冷たく切ないインスト。

 

「終わりに」

今回、DEZERTの1stフルアルバム「タイトルなし」を紹介しました。

アルバムを出すにつれて音楽性が徐々に変化していき、現在では「伝えること」に重きを置きだした彼ら。

 

現在の作品と合わせて聴くとその音楽性の違い故、より楽しめるかもしれません。

ちなみに僕はやっぱり激しい曲のほうが好きだったりします笑

 

今の音楽性も嫌いじゃないんですけどね。

 

それでは、今回は以上!!

あざした!!

 

 

今回紹介したアルバム↓

 

 

DEZERTに関する過去記事↓

www.seieireviewblog.info

 

www.seieireviewblog.info

 

 このブログを書いてる人のTwittertwitter.com