誠影は語る。

主にV系(ヴィジュアル系)メタルバンドについて語ります。

DEATHGAZE「ENIGMA」レビュー。

 

「今作について」

V系デスメタルバンドDEATHGAZEの6thアルバム。

 

・激しいメタル(デスメタル)サウンド

・キャッチーなメロディー(特に爽やかさを感じるものが多め) 

 

が特徴です!!

 

「収録曲レビュー」

1.ENIGMA

地を這うようなヘヴィーサウンドで疾走する激しいナンバー。

これもしや8弦使ってる・・・・・・?

 

イントロからエッグイ、鈍い音を聴かせてくれます。

歌も全部グロウル。

 

しかし次の曲はもっとエグイ。

 

2.DEAD BLAZE

youtu.be

アルバム収録曲中ぶっちぎりの爆走V系デスメタルナンバー。

 

激しいドラムロールの効けるイントロから爆走シャウトパートへ突入!!

 

サビでもその疾走感は保ちつつ、メロディアスな歌が聴けます。

 

3.ALLURE

youtu.be

低音効かせたサウンドでミドル~アップテンポで進むナンバー。

 

ギターの音は輪郭がはっきりしていて、もっさり感がないのが良いです。

キャッチーなサビのメロディーも魅力的。

 

途中のクリーンサウンドのギターが登場するパートから、叩きつけるようなへヴィ―サウンドが聴けるパートへ移る展開もぶち上がりますね。

 

4.NIGHTMARE

アップテンポなメタルナンバー。

基本、へヴィ―サウンドとグロウルで進行。

 

サビは派手ではないものの、どこか爽やかさを感じるメロディーラインと構成。

 

突然「すっ」と入ってきますからね、サビ。

このお淑やかさ、まさに「ワビサビ(侘び寂)」!!(違う)

 

ギターソロもサビと同じくらいの爽やかさを感じるフレーズを奏でます。

 

5.DRAIN AWAY

クリーンメインかつミドルテンポで進む、少し控えめメタルナンバー。

 

サビではゴリゴリしたサウンドにメロディアスな歌が乗ります。

この曲のギターソロも割と爽やかめ。

 

6.SEVENTH HEAVEN

DRAIN AWAYと同様、クリーンメインのミドルテンポで進むメタルナンバー。

明るさを感じるサビのメロディーが聴きどころ。

 

7.THE UNDERWORLD

youtu.be

バンドサウンド+ピアノ、エレクトリックピアノ(のような音色)で構成される、ダークなパワーバラードナンバー。

ボーカルの低い声質が曲の雰囲気にマッチしてます。

 

サビはダークさを保ちつつもキャッチー。

 

途中の激しいドラムが聴けるパートから、神秘的なアレンジを纏ったオクターブ下のメロディーを歌うサビへいく流れもドラマティックで魅力的。

 

8.BREATH

クリーンメインの、疾走感のあるどこか爽やかなメタルナンバー。

「どれだけ爽やかな曲あるねん」とか言われそうですが、しゃあないやろ、実際爽やかなんだから(逆ギレ)。

 

スクリーム、グロウルめちゃくちゃ少ないです。

 

イントロにはピアノなんて使われていたり、サビに関しては本当にメタル感なかったり笑

 

9.SADISTIC SMILE

疾走感のあるハードなナンバー。

クールさとキャッチーなサビ、それ以外はグロウルで進みます。

サビのボーカルにはエフェクトがかかっています。

 

ギターソロが結構テクニカル。

 

10.FEAR

ところどころピロピロギターが登場するメタルナンバー。

 

イントロも例外ではありません。

ここのピロピロギターだけで飯3杯は食える。

 

うまいうまい、むしゃむしゃ。

 

グロウルと単音の刻みが聴けるAメロと、ゴリゴリさの残るBメロから、サビではメロディーを活かしたシンプルなアレンジに。

 

11.READY GO

明るさを感じさせるメタルナンバー。

サビもギターソロも全部明るい。

 

アルバムのラストに相応しい内容です。

 

「終わりに」

他にもDEATHGAZEのアルバムを持ってはいるのですが、やっぱり今作が1番好きですね。

メロがキャッチーで爽やかな曲多いし。

 

激しい曲が好きとは言えど、メロディーは大事ですよ。

今作はこのバランスが良いんだ。

 

DEATHGAZE初心者にオススメの1枚です!!

 

それでは今回は以上!!

あざした!!

 

 

今回紹介した音源↓

 

この記事を書いた人のTwitterとか音楽とか↓

lit.link