誠影は語る。

主にV系(ヴィジュアル系)メタルバンドについて語ります。

DEATHGAZE「CREATURE」レビュー。

 

「今作について」

ヴィジュアル系デスメタルバンドDEATHGAZEの5thフルアルバム。

 

・激しいデスメタルサウンドにキャッチーなメロディーがのる音楽性

・低音ボーカル

 

が特徴です!! 

 

「収録曲レビュー」

1.BRAND NEW KISS

明るさを感じるメロディーが特徴のナンバー。

ド頭から低音シャウトとツーバスの超絶連打をかましてくるので、めちゃくちゃ激しいのかと思ったらそうでもなかった笑

 

実際ボーカルはクリーンボイスがほとんど。

 

最後の最後にサビがくる構成。

そのサビは明るさを感じる内容。

 

2.RING THE DEATH KNEEL

シンプルな構成でガツガツ進んでいくナンバー。

 

ボーカルはクリーンメインではありますが、シャウトもちょいちょい。

良いバランスじゃないかな~、なんて思います。

 

サビのメロディーはキャッチーめ。

 

ギターソロもテクニカルでカッコいい。

 

3.USELESS THE SUN

全編クリーンでゴリゴリ進むナンバー。

ツーバスを踏みまくっているわけでも、爆走しているわけでもないので比較的聴きやすい。

 

Aメロからそのままサビにすっと入る綺麗な展開。

もちろんメロディーはキャッチー。

 

4.VICE

低音のリフでガツガツ進む、アップテンポなナンバー。

Bメロかサビかはわからんけど(多分サビ)、メロディアスな歌が聴けるパートが相変わらずほんのり切なさを感じるキャッチーさで良きです。

 

5.NEWBORN -wrongful life-

全編シャウト、グロウルで構成されている激しいナンバー。

「あれ?意外とゆっくりめなのかな?」と思ったら突然爆走します。

 

最後はドラムの4カウントを合図にぶっ壊れたかのようにめちゃくちゃ爆走。

 

6.SILENCE

分厚いリフとキャッチーなサビが特徴のナンバー。

 

「オオゥ!!」を皮切りに重厚なリフが登場。

サビはメロと構成により、結構キャッチー。

 

ギターソロはテクニカルで、割と明るい雰囲気があります。

 

7.MALICE

ゴツイリフが特徴のナンバー。

 

重厚なリフの上にクリーンボイスがのるスタイル。

サビではキャッチーなメロディーが登場!!

 

8.SUICIDE DANCE

アルバム収録曲中、特に異質なナンバー。

 

イントロのリフやドラムのリズムから疾走するのかと思いきや、「とぅっとぅる、とぅーる、とぅーるー」とオシャレさを感じるフレーズをかましてきます。

意外や意外。

 

サビよりもBメロのほうがキャッチー。

 

9.DISGUSTING EYE

リフがとにかくカッコいいナンバー。

うねるリフがかっこいい。

※大事な事なので2回褒めました(にしても語彙力不足が否めない)

 

そのリフにグロウルが乗り、疾走します!!

 

サビでは重厚感のあるサウンドはそのままに、キャッチーなメロディーが歌い上げられます!!

 

Cメロではどこか繊細で切ない。

聴きどころの1つ。

 

10.SLEEP IN THE RAIN

ダウナーな雰囲気を持つサビが特徴のナンバー。

 

ノリの良さを感じるリフに低音ボーカルがのります。

声質も相まってダークな雰囲気が。

 

そのまま突入するサビは暗く、壮大さを感じる内容。

キャッチーではないのだけれど、他の曲にはない雰囲気が魅力的。

 

11.THE END

鋭い音色のギターで奏でられるリフが特徴のナンバー。

それがアップテンポなドラムにのるんだから、嫌でもテンション上がります。

 

さらにいえば、Bメロではそのリフに低音シャウトがのるんですよ。

リフ自体がめちゃくちゃカッコいいので、よりフックのある内容に。

 

その後は疾走感を残したままキャッチーなサビへ。

 

途中の静寂パートや、そこから繋がるテクニカルでキレッキレのギターソロも聴きどころ。

 

12.CREATURE

アルバムのタイトルと同じ名前が付けられたナンバー。

大体疾走しております。

 

激しいパートからクリーンボイスで歌い上げられるサビにすっと入ります。

ライブ受けが良さそうな感じ。

 

13.GLORY SKY

繊細さのあるアップテンポなロックナンバー。

ダウナーな雰囲気が魅力的。

 

サビはどこか切なげなメロディーが歌い上げられます。

派手ではないのだけれど、胸にじんわり染み入る感じがとても良いです。 

 

「終わりに」

「何回「キャッチー」いうねん」と思われたかもしれませんね。

 

「事実なんだからしゃあないやろ、んなもん」

 

実際激しいデスメタルやラウドサウンドにクリーンボイスで歌い上げられるメロディーが乗るスタイルが王道であり、ていうか収録曲大体そう笑

 

でも、それぞれ違った魅力や聴きどころがあるので、これがなかなか飽きないんだ。

 

また、サビに入っても疾走感を保っているのが良いですね。

 

ヴィジュアル系デスメタル、最高ですわ!!」

 

それでは、今回は以上!!

あざした!!

 

 

今回紹介した音源↓

 

DEATHGAZEに関する過去記事↓

www.seieireviewblog.info

 

この記事を書いた人のTwitter

twitter.com