誠影は語る。

主にV系(ヴィジュアル系)メタルバンドについて語ります。

D'espairsRay「MIRROR」レビュー。

 

「今作について」

ヴィジュアル系バンドD'espairsRayの2ndフルアルバム「MIRROR」。 

 

・疾走感溢れるダークなハードロックサウンド

・時折出てくる爽やかさ

 

が特徴。

 

それ故、ハードなサウンドが好きな方から、ダークなハードロックは好きだけど、それだけだとどこか物足りないという欲張りな方におすすめです!!

 

「収録曲レビュー」

1.DAMNED

重厚なサウンドで幕開け。

サビもキャッチーさは皆無。

このシリアスさがたまりません!!

 

2.TRICKSTeR

今作のリードトラック。

疾走感溢れるハードロックサウンドが特徴。

 

3.MIЯROR

キャッチーでノリの良いサビから始まるナンバー。

へヴィ―さを保ったまま進行していきます。

 

4.SIXty∞NINe

シンセが登場するシアトリカルなリフパートが特徴。

A・Bメロでは3連符で進み、メロディアスなサビへ向かいます。

頭の中に月夜が思い浮かぶような、魅力的なアレンジが素敵。

また、テンポ感が変わるシャウトパートへ進む流れも面白いです。

 

5.凍える夜に咲いた花

冷たさを感じるシンセが特徴の歌もの。

サビではキャッチーなメロディーが歌い上げられます!!

 

6.SCREEN

元々はカップリング曲だったそうで。

こちらはアルバム用にアレンジが変わっています。

ピアノとボーカルの静寂パート→雪崩れ込むバンドサウンドという、緩急を際立たせた展開がより盛り上がりを感じさせます。

そしてそのバンドサウンドが加わるサビはメロディアス。

 

7.Lost Scene

タイトルコールで始まる歌から幕を開ける、ダークなハードロック。

サビでは疾走感が抑えられ、メロディアスに。

 

8.Hollow

疾走感溢れる、ノリのいいゴリゴリハードロック。

サビではコーラスによって少し陽気さを感じられます。

また、わざと音を外したフレーズを弾くギターソロも面白いです。 

 

9.Closer to ideal

シリアスさを覚えるナンバー。

サビではコーラスによってその暗さが爆発!!

1サビのイントロで登場したフレーズにささやき声が乗るパートがカッコいい!!

 

10.Angeldust

電子音から始まり、重厚なバンドサウンドで叩きつけるようなリフが登場!!

そして(恐らく)サビではクリーンギターも登場し、広がりを感じさせる内容に。

また、途中顔を出す静寂パートも激しいパートとの緩急を感じれらて良きです!!

 

11.Squall

アルバム中トップのキャッチーさ。

シンセストリングスによって晴れやかさを感じられます。

2回目のサビが終わった後に、アコースティックギターとストリングスが登場するパート。

そして、そこから広がりを感じる爽やかなパートへ続く流れがドラマティック。

最後のサビからアウトロに向かう流れも良き。

 

12.Kaleidoscope

退廃的な世界観が特徴のミドルナンバー。

squallが物語のクライマックスだとしたら、こちらはエンドロール的な立ち位置なのでしょう。

重厚なバンドサウンドで進んでいきます。

サビでは女性コーラスが登場し、どこか儚さを感じさせます。

 

「終わりに」

今回はD'espairsRayの2ndフルアルバム「MIRROR」をご紹介しました。

 

1stではとにかく暗く、重苦しい世界観が特徴でしたが、今作ではその暗さが薄れるどころか、爽快感溢れるキャッチーなナンバーが加わり、音楽性の広がりが見られます。

 

初心者には今作の方がおすすめですね。

 

それでは、今回は以上!!

あざした!!

 

 

今回紹介した音源↓

 

このブログを書いてる人のTwitter

twitter.com