誠影は語る。

主にV系(ヴィジュアル系)メタルバンドについて語ります。

ARTiCLEAR「異形の夢想」レビュー。

 

「今作について」

ex.BLACK SWAN、SCREWのメンバーによって構成されているV系バンド「ARTICLEAR」の2ndミニアルバム。 

 

・神秘的な世界観の曲と激しく悲壮感溢れる曲が入り混じった収録内容

・神秘的なパートと激しいパートの混在した、ドラマティックな楽曲

 

が特徴です!!

 

「収録曲レビュー」

1.異形の夢想

澄んだ空の情景が思い浮かぶ綺麗な曲。

クリーントーンのギターの音色の透明感ときたらもうね。 

 

サビは派手さはないものの、どこか優しさを感じる内容。

その後のギターソロも美しいんだこれが。

 

2.転生したら「儿」だった件

youtu.be

幻想的かつ神秘的なパートと、ドスの効いたへヴィ―サウンドを用いたパートのコントラストが特徴のナンバー。

名前の割に壮大な世界観を見せてくれます。

 

スクリームやタッピングを用いたAメロから神秘的なアレンジのBメロへ。

そして暗くも美しいメロディーを歌い上げるサビに突入します。

 

それぞれのパートで雰囲気が変わるも、違和感なく繋がっているのが素晴らしい。

 

あとギターソロはノイジーな音色でテクニカルに弾き奏でます!!

 

3.蒼き溟渤

美しくも暗さ、不穏さを合わせ持つナンバー。

 

サビはこれまたダウナーで、悲壮感を覚える内容。

その後の不穏さを隠しきれないパートが結構好きです。

 

4.強欲の水槽

今作1の凶暴性を持つナンバー。

その激しさに耳を引かれます。

 

なんせ頭からタッピングですからね。

 

そして悲壮感を強く覚えるサビのメロディーが美しい。

なんならサビが1番爆走してるし。

 

5.結び目

透明感のあるスローバラード。

クリーントーンのギターで創り上げられる優しく、温かい世界観が魅力的。

 

最後のサビの後は悲壮感が顔を出します。 

ただ温かいだけで終わらせてくれないんですね。

 

良いんですよ。

 

6.虚構の現実

アルバムを締めるインスト。

最初は暗い内容なのかと思いきや、そこから神秘的な世界が広がります。

ピアノにハープ、ストリングスと、まさに天国にいるような錯覚に陥ります。

 

あまりの美しさに心が浄化されますね。

 

 

「終わりに」

本当に衝撃でしたよ。

聴くきっかけは本当に「なんとなく」という感じだったのですが、今はすっかりドハマリしています。

 

いや本当にすごく良いんです、このアルバム。

特に世界観にこだわるリスナーにおすすめです!!

 

俺みたいに「なんとなく」聴いて、沼に落ちていこうぜ!!

 

それでは、今回は以上!!

あざした!!

 

 

今回紹介した音源↓

 

この記事を書いた人のTwitter

twitter.com