誠影は語る。

主にV系(ヴィジュアル系)メタルバンドについて語ります。

2020年個人的ベストアルバム。

「2020年」

2020年、色々ありましたね。

悲しきかな、1番最初に誰もが思い浮かぶニュースといえば「新型コロナウイルスの脅威」。

 

僕も少なからず影響を受けていますよ。

しかしアーティストの方々はその比ではないくらいのダメージを受けていることでしょう。

 

密になるライブは制限付き。

大型フェスも軒並み中止ときた。

 

そのような中でも、この世に素敵な楽曲達を産み出してくれたアーティスト達がたくさんいます。

 

僕が聴いたのはそのうちのほんの一握りですが、個人的にグッときたアルバムを今回ご紹介します。

 

「2020年個人的ベストアルバム」

・DEXCORE「METEMPSYCHOSIS」

最強のV系メタルコアアルバムだと思ってます。

 

遠慮なく叩き込まれるメタルコア・デスコアサウンドに、爽やかな声で歌い上げられる切なげなメロディーが乗る。

 

そしてただ激しいだけではなく、彼らなりの世界観も構築されていて、オリジナリティーも十分。

 

 詳しいレビュー記事はこちら↓

www.seieireviewblog.info

 

・Bring Me The Horizon「POST HUMAN:SURVIVAL ERROR」

先行で配信されていたシングル曲がどれも良かったので、めちゃくちゃ期待してました。

実際最高でしたね!!

 

ド頭から攻撃性の高いナンバーをぶっこんだり、キャッチーな曲もあったり。

 

 詳しいレビュー記事はこちら↓

www.seieireviewblog.info

 

WANDS「BURN THE SECRET」

再始動したオシャレでクールなポップロックを奏でるWANDSのフルアルバム。

どれもメロディーがキャッチーでとても良い。

 

普段激しめの曲を好む僕ですが、メロが良い曲はもっと大好きなので普通にハマりましたよね。 

 

個人的にトッパーが歌始まりなのが熱いです。

 

・ARTiCLEAR「異形の夢想」

神秘的な世界観の曲、激しい曲、その両方の要素を持ち合わせた曲と、インスト含めて6曲という内容でもかなりの充実感。

 

ヴィジュアル系には数多くのオリジナリティー溢れる世界観を持つバンドが多いですが、彼らもその1つ。

 

むしろ頭一つ抜きんでてるのでは・・・・・・?

 

先述のような、美しさと激しさがうまく組み合わさった音楽性を好む方にオススメです!!

 

「終わりに」

ライブができない中でもこうやってアルバムを出してくれるのは、リスナーとしてもなんかこう、生きてる実感がわきますね笑(大げさ)

 

俺も生きてる実感を与えられるアーティストになりてえな~!!(一応アーティスト)

 

それでは、今回は以上!!

あざした!!

 

良いお年を!!

 

 

この記事を書いた人のTwitter

twitter.com