誠影は語る。

主にV系(ヴィジュアル系)メタルバンドについて語ります。

黒百合と影の「臓器のノゾキ穴。」から見える世界がエグすぎる。

その昔、ニコ生のライブで観たことがあったメメント・モリ のメンバーが新バンドを始めること、そしてあの悪名高いA○nsに所属するという噂を聞いて彼らを知りました。

 

しかもヴィジュアルとその名前から某カリスマに目を付けられてしまうというね笑

 

そんでまあ、私めもそこまで興味は湧かなくて、「「浴槽」って曲かっこええな〜」くらいにしか思ってなかったんですけど・・・・・・。

 

気づいてたら聴いてましたよね。

なんでだっけ(記憶喪失)?

 

 

「収録曲レビュー」

1.チョコレート階段

ディレイをかけたギターのフレーズから始まり、Aメロを通ってそのまま広がりのあるサビに流れ込む。

オープニングにふさわしいミドルナンバー。

 

2.洗脳

 メタルコア的低音リフから、地面をのたうち回るようなリフへ。

Aメロもヘヴィーなリフをバックに従えて進行。

 

しかしサビはアルバム中随一のメロディアスさ。

 

3.液状部屋

 低いギターのリフにバッキバキのベース、ノイジーなシンセで構成された、パンチあるサウンドで幕開け。

サビはシャウトで歌う!!

 

ちなみに途中、KORNを彷彿とさせるスキャットパートも登場します。

 

4.絶倫フルコース

 エフェクトのかけられたギター→不気味な声の鳴るイントロへ。

サビではイントロに出てきた声がボーカルと共にメロディーを歌う。

 

途中ギターソロも登場します!!

このソロがまた刺のあるサウンドで痺れる痺れる!!

 

5.「腐乱腐乱」

何かしらの水音からエフェクトの利いたギターが登場→スラップの利いたリフが聴けるイントロへ。

 

サビの和を感じさせるメロディーラインとシャウトが印象的。

 

6.すてきな唄

タイトルだけ見た時は「バラードかな?」なんて思ってました。

 

違いました笑

 

歌詞は恨みマシマシ。

サビはメロディアスさなんて皆無。

 

アルバムの最後に、激しさに徹底した曲をぶっ込んできましたね笑

 

「終わりに」

サウンドから歌詞までとにかく刺激が強すぎる音源笑

しかしこれがハマると癖になる。

 

全体的にへヴィ―な内容なので、ミニアルバムサイズがちょうどいいのかな?なんて思いました。

 

あと、彼ら唯一のフルアルバムには結構良いバラードがあったので、そういう曲と合わせたフルアルバムとか聴いてみたかったですね。

 

しかしハマるのが遅すぎたな・・・・・・。

 

今回は以上!!

 

あざした!!

 

今回紹介した音源↓