誠影は語る。

主にV系(ヴィジュアル系)メタルバンドについて語ります。

鴉-カラス-のミニアルバム「スケアクロウ-1」が会場限定ってのは勿体無い。

いきなり追記:サブスク配信開始しました!!やったぜ!!

 

なんか偶然TwitterのTLで流れてきた鴉-カラス-始動のニュース。

 

そのボーカルがex.DAMYの涼さんだったことに加え、衣装がまさかの黒スーツという今ではなかなか珍しいスタイルに心惹かれました。

 

で、最初に公開されたのが「ぬけがら」という曲のLyric Video。

 

youtu.be

「良いねえ~」

 

ダーク×へヴィ―×メロディアス。

 

それに加え、椋さんの繊細な声質が「儚さ」という要素をプラス!!

 

これは追ってみようと思い、始動ライブに足を運んだのでした。

 

 

「収録曲レビュー」

1.蜘蛛の糸

youtu.be

不穏なギターフレーズ→ニューメタル的ヘヴィーリフで幕開け。

サビでは広がりを感じさせます。

 

ギターソロもバカテク披露ではなく、伸びやかなフレーズでカッコよき!!

 

実はサビより大サビのほうが好きだったりします。

 

2.感傷教育

ノリのいいリフから始まるナンバー。

サビはメロディアス。

 

ほどよくノイジーさのあるギターソロも魅力。

 

3.「ぬけがら」

youtu.be

恐らく本作のリードトラック的な扱い。

 

ヘヴィーなリフ、サビはメロディアス。

ボーカルの声質もあり、どこか儚さを感じますね。

 

4.トラウマ

暴れ曲その1。

 

表打ちのドラム→ちょっとだけピロピロギターフレーズ→シャウト&爆走という初っ端エゲツない展開。

 

サビはテンポダウンし、メロディアスに。

 

5.-存在証明-

暴れ曲その2。

 

怪しさを感じさせるギターフレーズ→ゴリゴリのリフへ。

 

Aメロはクリーン。

サビではがっつりシャウト。

 

ラストは疾走して終わります。

 

6.君の桜が咲く頃に。

今作唯一のバラード。

 

暖かさを感じるギターの音色が印象的。

 

展開としては淡々と進んでいく感じ。

 

その構成のおかげか、哀愁を感じさせるメロディーと歌声がじわじわと心を蝕んでいきます。

 

「終わりに」

始動ライブでこの音源を手に入れた訳ですが、いや〜これが限定って勿体無い!!

 

そのうち一般流通もしてほしいですね〜。

 

ちなみにこの音源の他にもう1枚、音源が出てるんですね。

 

それも通販限定という限られたルートでしか手に入らないというね・・・・・・。

 

今その音源を注文しているところなので、届いたらレビュー記事を書こうと思います!!

 

今回はここまで!!

あざした!!

 

最後に試聴動画載せておきます。

youtu.be