誠影は語る。

主にV系(ヴィジュアル系)メタルバンドについて語ります。

蜉蝣「蜉蝣」レビュー。

 

「今作について」

ヴィジュアル系バンド蜉蝣の1stフルアルバム。

 

・ゴリゴリ(というかガリガリ)したハードロックサウンド

・「絶叫」と呼ぶにふさわしいシャウト

・ 作詞者(ボーカル)の趣味(なんの趣味かは伏せておきます)が出た歌詞や、切ない失恋の歌詞

 

が特徴です!!

 

「収録曲レビュー」

1.十戒

尺八の音や琴の音色と電子音を組み合わせたインスト。

 

2.迷走本能

ガリガリゴリゴリしたサウンドでゆっくり進むナンバー。

初っ端絶叫シャウトをかましてくれます。

 

サビではストリングスも用いられ、メロディアスになります。

途中の叫びながら歌うパートもインパクト大!!

 

3.根暗高速子守歌

ラップのような歌唱を披露するパートと、サビの緩急が際立つナンバー。

シャウトから3-3-7拍子のリズムのリフが登場します。

 

Aメロではラップが、Bメロから雰囲気が変わり、サビではダウナーな空気を纏い、疾走します。

 

4.冷え性の女

ハードなサウンドが特徴の歌謡曲ナンバー。

 

サビの切なさはアルバム収録曲中トップクラス。

裏で鳴るストリングスがその切なさを出すのに一役買ってます。

 

その前のBメロがハードなサウンドとシャウトで構成されている故、尚更メロディアスに聞こえるのもありますかね。

 

あとそのメロディーで歌い上げられる歌詞が怖い。

 

5.闇に笑う黒

ギターソロの後の暗いパートが個人的に好き。

そこが1番の聴きどころですかね〜。

 

6.マーヴェラスな首飾り

どんよりとした雰囲気とサビとの緩急が激しいナンバー。

まあAメロの時点で色々声が裏で聞こえて、ただどんよりしているという訳ではないのですが。

 

そしてシャウトを皮切りに楽器、歌ともにアグレッシブに変化。

 

7.雨の湾岸通り

全編クリーンで歌い上げられるハードロックナンバー。

 

鈍い音を利かすハードなリフか故、激しさを押し出している楽曲かと思えば、サビではメロディアスな歌を歌い上げ、疾走します。

 

8.所詮、自分は犬であります。

アルバム収録曲中、最もテンション高めのナンバー。

サビではがなり声で趣味ど直球の歌詞を歌い上げます。

 

9.ピチ崇拝

アルバム収録曲中、最も狂気的なナンバー。

 

サビではシャウトで歌詞を歌い上げます。

ブチ切れ具合というか、ぶっ壊れ具合が凄まじい。

 

10.過去形真実

切ないメロディーと歌詞が特徴の歌ものロックナンバー。

サビではメロディアスな歌が登場します。

 

最後のサビの途中、地味に転調しているのですが、この移行のスムーズさにビックリします。

作編曲の技量の高さが伺えるナンバーでもありますね。

 

11.渦

壮大なバラードナンバー。

サビもメロディアスで聴きどころではありますが、それ以上に最後のサビに入るところの、まさに「絶叫」と呼ぶにふさわしいシャウトが良い。

 

「終わりに」

「発狂系」とカテゴライズされるバンドなだけあって、歌詞や歌唱方法が狂ってる、イカレているものはもちろんのこと、その真逆に位置するような、切ないメロディーや歌詞も登場します。

 

先述の通り、この振り幅の大きい音楽性も、彼らの魅力の1つですね。

 

それでは、今回は以上!!

あざした!!

 

 

この記事を書いた人のTwitter

twitter.com