誠影は語る。

主にV系(ヴィジュアル系)メタルバンドについて語ります。

ラルクの「BUTTERFLY」のレビューです!!

 

「今作の特徴」

ラルクことL'arc〜en〜Cielのオリジナルアルバム「BUTTERFLY」。

 

・ストリングス 、ブラスを用いた曲からバイオリン、ピアノを用いたダークな曲までと、幅広い音楽性

 

が特徴のこのアルバム。

キャッチーなロックが好きな人や、1枚のアルバムの中で幅広いアレンジを堪能したい人におすすめです!!

 

 

「収録曲レビュー」

1.CHASE

派手すぎない電子音のアレンジが効いたナンバー。

テンション抑えめのA、Bメロからキャッチーなメロディーを歌い上げるハイトーンが登場するサビへ。

ボーカルのクールな低音ボイスが活きるCメロも聴きどころの1つ。

 

2.XXX

アダルティーな世界観を武器とするナンバー。

曲の雰囲気作りにボーカルの表現力が一役かっている印象。

滑らかに動くベースラインがとてもメロディアス。

そして、サビの胸が苦しくなるような切なげなメロディーがとても魅力的。

 

3.Bye Bye

ストリングスのコードの刻みと歌、そしてトランペットで構成されるパートで幕を開けます。

サビではメロディーに加え、歌詞も相まって暖かくも切ない雰囲気を構築。

 

 

4.GOOD LUCK MY WAY

爽快感溢れるロックナンバー。

大胆なストリングスのアレンジが爽やかさを出すのに重要な役割を果たしている印象。

サビではストリングスに加え、トランペットが登場!!

メロディーもキャッチー!!

 

5.BLESS

バラード曲。

全体的にストリングスを用いたアレンジにより、温もりを感じられる雰囲気が構成されてます。

特にサビで聴かせるハイトーンとストリングスの兼ね合いがとても美しいのです!!

 

6.shade of season

喪失感・虚無感を覚えるような、どこか陰鬱としたナンバー。

それでもメロディーはキャッチーなのがポイント高いです。

 

7.DRINK IT DOWN

デビルメイクライ4のテーマソングにタイアップされた、ダークなナンバー。

バイオリンの不気味なフレーズからハードなリフで幕開け。

サビはダークさを保ちつつ、キャッチーなメロディーが歌い上げられます。

ちなみに僕がラルクを知るきっかけになった曲です。

 

8.wild flower

どこか優しさと温もりを感じるオープニング。

サビでは空間を生かしたアレンジにハイトーンで歌い上げられるメロディーがのる!!

ギターの音色がかなり世界観の構築に一役買っているように思います!!

 

9.SHINE

ミドルテンポで進む爽やかなナンバー。

アコースティックギターを用いたアレンジとクリーントーンのギターがこの雰囲気を生み出すのに一役買っているのだと思います!!

サビも爽快感のあるキャッチーなメロディーが聴けて良きです!!

 

10.NEXUS4

サビのポップなメロディーが特徴のナンバー。

歌から始まり、徐々にテンションが上がっていく構成。

サビは疾走感があり、アレンジによる爽やかさも持ち合わせています!!

テクニカルなギターソロも聴きどころの1つです!!

 

11.未来世界

夢の中にいるかのような幻想的なアレンジと、ボーカルの優しさを感じる歌い方が特徴の曲。

最初から最後までファンタジックな世界観を貫いています。

 

 

「終わりに」 

僕がラルクのアルバムで1番好きなのがこの「BUTTERFLY」ということで、今回紹介させていただきました。

 

ひとたび耳にすれば、その幅広いアレンジで組み立てられた、色鮮やかな楽曲たちがあなたの音楽生活に新しい彩を与えてくれることでしょう。

 

それでは、今回は以上!!

あざした!!

 

 

P.S

ちなみに完全生産限定盤には楽器編成を入れ替えたラルクのカバーバンドP'UNK~EN~CIELのアルバム「P’UNK IS NOT DEAD」が付いてきます!!

 

正直これだけでも十分なレベルです・・・・・・。

 

 

 今回紹介した音源↓

 

 

※こちらはP’UNK~EN~CIEL「P’UNK IS NOT DEAD」のCDが付いたバージョンです。

 

このブログを書いてる人のTwitter

twitter.com