誠影は語る。

主にV系(ヴィジュアル系)メタルバンドについて語ります。

アルルカンの「ニア・イコール」が、彼らのアルバムの中で最もキャッチーだと思ってる。

「今回紹介する音源」

※リンクは似非林檎収録のA-type

 

 次世代名古屋系バンドとして活動を開始したアルルカン

ぶっちゃけ最初は独特なスクリームが苦手で全然聴いてなかったんですよね。

 

ただ、メロディーに関しては胸に響くものが多くて。

 

いつしかそのメロに惹かれすぎて、スクリームも気にならないくらい好きになっている自分がいましたよね、ええ。

 

現在、3枚フルアルバムが出ているアルルカンですが、その中でも特にキャッチーなメロディーを歌う曲が多いのがこのアルバムじゃないかと勝手に思っています。

 

今回はそんなアルルカンの1stフルアルバム「ニア・イコール」のおすすめの曲を紹介していきます!!

 

「おすすめの曲」

・暁

 アルバムのド頭にくるナンバー。

・キャッチーなメロディーで歌い上げられ、疾走するサビ

・ボーカルの名前「暁」(ここでは「あかつき」と歌っていたけれど、名前は「あき」って読むんだったっけな)が登場する、まさにファンに向けてバンドのことを歌っているかのような歌詞

が魅力!!

 

ちなみに全編クリーンで歌っているので、まずはこの曲から沼に落としていくといいかと思われます笑

 

Eclipse

シングル曲。

 

ボーカルのシャウトで幕を開け、そのまま電子音ピコピコサウンドへ。

しかしアコースティックギターが登場し、儚さを醸し出すパートも登場。

 

そしてサビではキャッチーなメロディーが登場します!!

また、途中EDM的電子音が効いたブレイクダウンパートも!!

 

「暁」に続き、テンションが上がるナンバーですね!!

 

・墓穴

これもシングル曲。

 

ど頭のゴツいギターの刻みからテンションが上がります。

 

Aメロではスクリームで疾走。

Bメロでクリーンが登場。

この激しいAメロとBメロのコントラストでもかなり素敵なのですが!!

 

サビは伸びやかなハイトーンが活きる!!

さらにメロディーに加え、歌詞がより切なさを際立たせています!!

 

アルバム中トップクラスのキラーチューンです!!

 

・似非林檎

無料配布シングル。

そしてこちらはA-typeにのみ収録。

 

アルバム中トップといってもいいくらい切なく、キャッチーなサビのメロディーが特徴。

 

ちなみにこの曲も全編クリーンボイスで歌われているので、沼の入り口に最適なのではないかと笑

 

「終わりに」

「次世代名古屋系、ええやん!!」

 

今回紹介したのは僕好みの良いメロディーが特徴の曲ですが、他にも色んな曲があるので、是非聴いてみてください!!

 

また、現在発売されている他のアルバムもそれぞれこのアルバムとは一味違った魅力がありますので、そちらも是非!!

 

それでは今回は以上!!

あざした!!